たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

徘徊路の「インスタ映え」紅葉絵巻「いいね」

2017-12-06 10:43:55 | 散策の詩



紅葉時期の遅い当地でも色付きが増してきました。
初冬の徘徊路で撮り下ろした錦秋絵巻を並べました。



2017年流行語大賞で知った「インスタ映え」のつもりです。
「いいね」を押したくなる写真に撮れているでしょうか。
下流老人は近場の紅葉狩りで堪能しています。



田舎から送られてきた樫グルミの2個を手中にして、
手の中でゴリゴリしながら歩き、神経を刺激します。



帰りの道すがら適当な石があったら割って食します。
紅葉に目で癒やされ、クルミを食べてタンパク補給。



「プラビーダ(素朴な人生を)!」が好奇高齢者の満足感。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初冬の青空の下、鎌スタ・ラ... | トップ | なぜ、このような紅葉が見ら... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-12-11 08:35:42
世の中は「インスタ映え」がずいぶん流行っていますね。インスタグラムは見たことがなく、なかなかついていけません。紅葉がとても綺麗ですが、ここは「いいね」とコメントするのでしょうね。
インスタグラム (管理人の爺)
2017-12-11 19:17:00
NTの佳人さま。
いつもコメントありがとうございます。
この時期、紅葉を撮っていれば絵になります。
紅葉は太陽の位置加減で見栄えが変わりますね。
私としては、一枚の葉が朱になる前の、
緑っぽいいろから黄色までグラデーション気味のころがいいですね。

コメントを投稿

散策の詩」カテゴリの最新記事