たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

台湾・台北の一日、故宮博物館代表の至宝を見てきました

2017-11-29 21:30:06 | 海外旅行

台北の国立故宮博物館に行く機会がありました。
中国の最高秘宝が見られる博物館です。
なかでも三大至宝とされる「翠玉白菜」「肉形石」を、
じっくり見て、写真に撮ることが出来ました。



 翠玉白菜(すいぎょくはくさい)
翠玉(翡翠)をハクサイの形に彫刻した美術品。
原石は半分が白、半分が緑のヒスイ輝石。



葉の上には、多産の象徴とされるバッタとキリギリスが彫刻されている。
同館を代表する名品の一つとされている。

 肉形石(にくがたいし)



玉髄(ぎょくずい)を東坡肉(豚の角煮の一種)を模したとされる彫刻。
翠玉白菜と並ぶ同館の最高名品となっている。



この二つの至宝がガラスケースに入っているとはいえ、
間近に見られて、フラッシュは禁止だけど、
写真も自由に撮れるのはうれしいですね。



三大名品のもう一つ、
「清明上河図」は北京の故宮博物院に行かないとみられない。

 忠烈祠の儀仗兵交代式





忠烈祠は中華民国(台湾)建国の英霊を祀っている。
見どころは儀仗兵(ぎじょうへい・衛兵)交代式。
入口の門と大殿に2人ずつ立っている儀仗兵さん。





1時間に1度、交代式が行われる儀式が観光になっています。
交代する兵士が隊列を組んで銃剣を手に行進します。
何とも言えないカッコよさです。

 中正紀念堂



中華民国初代総統の蒋介石を顕彰する、
中正紀念堂でも衛兵交代儀式が行われます。
こちらは室内で行われていましたが、
人混みが多く写真は撮れませんでした。

 九フン
この後、「千と千尋の神隠し」で人気になっている、
台北市郊外の最大の観光地帯「九フン」に行きました。
定番通りに雨降りでした。



急な階段を傘をさして上り下り人の波でした。
写真を撮るにも止まっていられません。
「九フン茶房」というところでお茶して、
写真の「茶梅」を土産に買いました。



台湾については予備知識なしで行ったもので、
帰ってからネットをくぐって、
「ああ、そうだったのか」と後付け知識です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  赤穂47義士の墓所・泉岳寺を... | トップ | 未だ採らないのか、採る気が... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行ったことがある (雨曇子)
2017-11-30 20:11:20
と言うことだけの思い出しかありません。
すごい人で、展示場をぐるりと巡っただけの記憶です。

今だったら、もう少しましな見方ができたと思います。
「ああ、俺も行ったことがあるな」と 20 年もの昔を思い出させていただきました。悔恨とともに。 
故宮博物館 (谷氏)
2017-12-01 09:55:02
雨曇子さま。
20年前ですか。
当時と比較材料、資料もありませんが、
今度行かれたら、20年前とは違っていると思いますよ。
それに凄いお宝が並んでいますね。
4000年とか、5000年前のお宝が間近に見られる。
ただそれだけだけれど、疲れますね。

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事