たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

世界の至宝・ブリューゲルの「バベルの塔」が上野の森に出現

2017-04-20 12:16:20 | 展覧会・美術展

ボイマンス美術館所蔵、ブリューゲルの「バベルの塔」
--16世紀ネーデルランドの至宝-ボスを超えて--展が、
上野公園の東京都美術館で18日から始まりました(7月2日まで開催)。
公式サイト



19日(水)は月に一度の「シルバーデー」でしたので観てきました。
10時に同美術館について30分ほど並びましたが、20人程度づつの仕切り入場で、
会場内は人垣がなく、ストレスなしに観賞できました。

 

見どころの一番は、
ブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」が24年ぶりの再来日ということです。
壮大な風景と驚異的な細部が凝縮された描写がすごいです。



もう一つの見どころは「奇想の画家」ヒエロニムス・ボスの油彩作品2点です。
日本初公開の「聖クリストフォロス」「放浪者」(いずれも1500年ころ)。
分割して細部を拡大した参考図も展示され興味深いです。



さらにすごいのは、16世紀になって「ボス」を真似する作家が続出し、
「真似ボス絵」(今風に言えばイラスト・白黒)のリバイバルです。
ボスのように描いた凶々しい、奇怪な絵の数々にびっくりです。



1500年代・16世紀のネーデルランド(オランダ、ベルギー)の絵画・彫刻、
宗教・キリスト教を題材にした小品群がたくさん見られます。
500年以上も前に板に描かれた色彩の豊かさに驚かされました。



2時間ほどで出て、同行者が東京芸大を見たことがないというので、
美術学部のキャンパスなど歩いて、学食など覗ききました。
若い美学生たちの笑顔が眩しかったです。



同大学COI拠点(上島珈琲カフェと国際こども図書館の間)で、
昼と夜の「立体バベルの塔」を体感出来ました。
オランダ芸術科学保存協会との連携して、
「バベルの塔」の精緻なクローン文化財を制作したものです。



塔のリアル感はもちろん、作業者の動きまで体感できる(実際に動いている)、
最先端技術の立体的展示での凄さを知りました。



ブリューゲルの実絵画もさることながら、
こちらの、現代版「バベルの塔」を観に、ぜひ足を伸ばすべきです。





旧約聖書「バベルの塔」の物語についてはwebでどうぞ。





上野の森は緑と好奇心に満ちていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤いアネモネが送られてきました | トップ | 春の里が織りなす若葉紅葉の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。