たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

秋野の花を巡りて、くるめる想いに電話する

2017-09-30 14:00:06 | 花とつぶやき

いつもの道、徘徊の道野辺を歩きます。
長月秋霖、秋雨前線、日々に冷気も増す。
秋彼岸過ぎ北の山には降雪のニュース。



秋の道際には夏の名残り花がわびしい。
小花はススキの陰にくるまれて優しい。



NHKBs火野正平の「日本こころ旅」長野県が終了した。
この日、たにしの爺は、記憶がくるむ想いに駆られ、
その人に電話をしました。



呼び出し音が長く鳴っています。
ようやく若い女性の声で応答があり、
名乗った後。◎◎さま居られますか。
ハイ、再び長い待ち受けメロディーが鳴り続ける。



電話に出られない事情があるのだろうかと、
電話をしてしまったことに後悔する。



「あ~、××ちゃん」と元気な声が受話器に響いた。
「あっ、ごめん××ちゃんなんて言ってしまった」
50年を超す歳月を経て聞くその人の声です。



こっちの想いなど関係ない「元気な声でした」
10代のころの声を聞いた記憶があまりない。
「××ちゃんも、元気そうな声ですね」その人は言う。



上京する以前、たにしの爺の出自の屋敷の脇道を、
その人が、赤いスカートをひるがえしながら、
通勤する姿を眩しく見送っていたものです。
今も鮮やかに記憶がよみがえる。
その人はいま、お茶のお師匠をしているという。



あれから50年、その人の茶を点てる姿を見たいと思った。
「記憶にくるまれた想い」をお茶席で共有したい。



秋草の道を歩めば、遠い人の許に近付けるようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 房総風土記の丘で出会う農家... | トップ | ファンフアーレ鳴ればブタさ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
センチメンタルな谷氏 (雨曇子)
2017-09-30 22:35:20
秋の草花の道を散策する谷氏の想いは
叔母様?に向けられ、
安否を伺ってみると昔と変わらぬ元気な声が返ってきて
幼少期ンいもどったような気分になったことがうかがえました。
一編の短編小説のような味わいでした。
初恋 (谷氏)
2017-10-01 09:33:30
雨曇子さま。
幼き日が輝く思い出になる歳です。

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり
島崎藤村「初恋」より――

手をのべて林檎を与えたのは爺で、
受け取ったのが、その人です。
りんご畑の垣根越しの幼馴染です。
爺の「こころ旅」はリンゴ畑です。

コメントを投稿

花とつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。