たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

何もできなくても、知ることはできる。新聞をヨム日

2017-04-06 10:35:46 | Journalism
きょう、4月6日は「よ(4)む(6)」の語呂合わせから「新聞をヨム日」です。
日本新聞協会販売委員会が2003年(平成3年)に制定したものです。

また、今日から12日までの一週間を「春の新聞週間」としています。
日本新聞協会と全国の会員新聞・通信・放送社はキャンペーンを展開しています。



新聞をめくっていると、いろいろ知ることができます。
世界には、知っても、何もすることのできない、ことばかりです。
でも、知らないでいることより、知ることで感慨が深化します
「無関心こそ共犯者なのだ」

怒りや悲しみに接するニュースが多いです。
今朝の新聞の記事で、
どうしようもなく痛ましさを知る記事はシリアのサリン空爆です。
政府軍と反政府軍の背後でソ連とアメリカが支援して、
無人機による空爆が続いています。
ISがからんで、シリアは悲惨な国土破壊と人命が失われる日々です。

シリア 空爆、サリン使用か 目を見開き呼吸困難 救急隊員証言

日本のテレビはお天気とお花見の話題が目に付きます。
 たにしの爺も、4、5日にお花見をしてきました。
そして、今朝の毎日新聞一面の「余禄」を切り抜きました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「去る3月」「年度末」「春... | トップ | 澤田ふじ子著・長編時代小説... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Journalism」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。