たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

春の野の雅(みやび)な装い――ジュウニヒトエ(十二単)

2017-05-13 14:48:26 | 花とつぶやき

今日は2017年5月13日・土曜日ー雨模様です。
最近、どうした訳か、「たにしのアブク風綴り」
書き出しに日付けを特定しないと、次のフレーズが出てこない。



さてと、(なんか老人っぽい気合いだけど)、
事実、好奇高齢者を任じている、老人なんだけど、
立ち上がるときに、どっこいしょ、と掛け声ける感じですな。



3、4月は、たにしの爺、花や萌える樹木に刺激され、
ブログのインターバルが週一回のペースが乱れました。
ほぼ隔日のペースでアップで疲れました。(感性疲労?)



撮り貯めた素材を集めて、いくつかアップしていきます。
この時期、公園の池やビオトープなど、やや湿った場所で、
清楚な花が咲くジュウニヒトエと呼ばれる花があります。



花が重なって咲く様子を十二単に例えたものと言われます。
花は下から上に幾重にも咲いています。
色は濃い紫か、薄い白味がかった紫が多いです。



目線より上に咲く花に見とれて、足元に咲く花であまり目立ちません。
古来、日本では紫色は「高貴な色」とされています。
平安時代の女官の正装だった十二単の華美さに、擬せられているのに可哀そうですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌スタに恐竜が現れる――ジュ... | トップ | 赤いバラの花びらが散っていた »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-05-13 16:36:27
週1回のペースでしたか。私も1日1~2枚の写真にしていますが、春の時期は花が多すぎてオーバーペース状態です。そろそろ普通のペースに戻したいですが、次々に花が咲きだしますね。ジュウニヒトエは良い名前を付けられました。濃い紫色はセイヨウキランソウ(アジュガ)にも見えます。
インターバル (管理人の爺)
2017-05-13 21:44:18
NTの佳人さま。
コメントありがとうございます。
早春から、初夏にかけて、
野外フィールドは驚異に満ちています。
動植物の生命力が輝く季節ですね。
引き換えて人間の社会を見ると、
鬱々たる症状に満ちています。
学生時代からの5月病を、
今も引き摺っています。

コメントを投稿

花とつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。