たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

ホモ・サピエンスは地球を支配し、滅亡に導くのか(気になる本)

2016-10-19 12:28:35 | 本・読書
16日の日曜日の毎日新聞「今週の本棚」欄に興味深い本の紹介がありました。
本村凌二氏の評によるユヴァル・ノア・ハラリ著「サピエンス全史」上・下です。
(河出書房新社、上下各2052円)

冒頭の17行ほどの書き出し部分が、たにしの爺には、
目からウロコ的な「人類史のジョーク」として記憶に残りました。

切抜きを添付しておきますので、読んで見て下さい。
歴史の真実であって、そして、
実に面白いジョークになっています。



該当部分は、紹介された本に書かれている記述なのか、
それとも、評者が本書の紹介の導入部として書かれたのか、
その辺は定かではないです。

本書を手にとって見れば分かることですので、
後日機会があったら確かめてみたいと思っています。

本書は原始人類のネアンデルタールの後、
姿を現した私たち人類の祖先になるホモ・サピエンスが、
いかにして、地球の支配者になったのか、
それは「人類が噂話でまとまる集団」だったからで、
「虚構と神話」を信じることが始まりだったと言う。
そのサピエンスはいまや、
地球を荒廃させる最も危険な生物に成り下がっていると。

上下二冊を購入するとなると4000円を超す出費になる。
行きつけの図書館に購入リクエストをしてみよう。
新聞各紙とも日曜朝刊には「本の紹介・書評」ページがあります。
よくもまあ、こんなに固い本ばかり取り上げるものだと、
感心していますが。
我慢して読んでみますと、実に為になって面白いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋空が戻ってくればコスモス... | トップ | 終末ケアの元彼氏の死に向き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。