たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

野菊の咲き乱れる、晩秋の道野辺

2016-11-20 10:31:14 | 散策の詩

秋の深まりとともに道野辺も紅葉色に染まりつつあります。
いつも行く自然公園の「モミジ山まつり」も始まりました。
徘徊の道を行くと菊の花が咲き乱れる空き地がありました。



それほど人通りのある道ではありませんが駐車所の空き地。
住宅隣接地で「野菊の庭」として管理されているようです。
道野辺の徘徊路は「洋のコスモス」から「和の野菊」のとき。



菊花展に出すよう大切に一輪を育てて咲かせる菊とは違い、
広いスペースに咲き乱れる菊の花は秋景を彩ってくれます。



フォトチャンネルにまとめました。ご覧下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェコ事件が背景の国際ミス... | トップ | 晩秋から初冬へ、銀杏の空 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2016-11-20 19:32:39
花の道を歩くのは楽しいですね。空き地がこのように管理されているのはとても良いですね。
晩秋から初冬へ (管理人)
2016-11-21 08:15:52
この季節は、
春先の芽生え、萌える季節に比べ、
たそがれる高齢者には、
詩情が感じられますな。
菊の力 (雨曇子)
2016-11-22 14:05:30
自然にできた花園なんでしょうか。
入り込んでくる他の野草は駆除するのでしょうね。

最近、散歩に出ると、道端、田のヘリなどに野菊が咲き誇っているのをよく見かけます。

今年菊の美に気づきました。
フォトチャンネルも拝見しました。
秋の彩り (谷氏)
2016-11-23 08:51:19
雨曇子さま。
晴れ雨と日替わりですね。
野菊の空き地、駐車場の空きスペース。
自然任せではないようです。
周辺の人たちは無関心のようです。

コメントを投稿

散策の詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。