たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

一本の木に、セミの抜け殻の連なるを見て撮りし

2017-08-11 14:58:06 | 散策の詩

空蝉のなほ苦しみを負ふかたち <鷹羽狩行>

数十年に一度咲くというアオノリュウゼツラン。
市川植物園には5年ぶりに咲いている(5年前とは異株)。
その温室の庭にインド、スリランカ原産のデイゴの花が咲いています
マメ科の落葉高木で「沖縄県の花」に選定されているという。



デイゴの木の葉陰に、いくつものアブラゼミの抜け殻が残っていました。
セミは土中で数年間の幼虫生活をしながら、地上に出る時期を待っています。
生育過程は生来備わっている体内時計が支配しています。
地上生活は一週間。
子孫を残すために鳴き暮らし営みを終えていく。



晩夏の道野辺を徘徊すると幾匹もの亡骸を見る。
クルマにつぶされ、アリが集っていいる。
その上を、さらにクルマが通ったり、人の踏まれたり、
生き物の中でも悲情な姿が、日常になっている。 

 

たにしの爺が見て撮った、これらの抜け殻から飛び立ったセミは、
うまく子孫を残すことができたでしょうか。
すでに、いずこに、亡骸をさらしているのだろうか。



セミの抜け殻を空蝉(うつせみ)とも言いますね。
「現し身」から「空せ身」――空しいこの身と転じ、
「空蝉」蝉のぬけ殻のイメージと重ねて無情さを詠う。

源氏物語、第3帖「空蝉」から
空蝉の 身を変へてける 木の元に なほ人柄の 懐かしきかな
空蝉の 羽に置く露の 木がくれて 忍び忍びに 濡るる袖かな

昨日の投稿文を少し手直ししました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風通過中、あとには秋空?... | トップ | 雨の上野公園・美術館は人の... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空蝉や (雨曇子)
2017-08-12 11:03:25
季題を与えられたように思い挑戦してみました。

空蝉や庚申塔の像の上

雨上がりミンミン蝉も加わりて
空蝉 (谷氏)
2017-08-12 19:13:24
雨量子さま。

空蝉や庚申塔の像の上

この一句いただきます。
三席で如何でしょうか。
ありがとうございます (雨曇子)
2017-08-12 20:18:42
脳の健康法として、五七五と並べることを習慣づけようと思いました。
よろしくご指導ください。
あぶ句 (谷氏)
2017-08-13 07:45:38
雨量子さま。
ご投稿ありがとうございます。

谷氏もあぶ句をひとつ。
空蝉の 三つ五つあり 葉裏陰
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-08-15 09:18:20
デイゴは南国の花というイメージでしたが、都心でも植えられていますね。温暖化の影響もあるのでしょうかね。セミの一生は儚いですね。
デイゴ (管理人の爺)
2017-08-15 20:37:47
NTの佳人さま。
コメントありがとうございます。
暑くても太陽が出ないと8月らしくないですね。
温暖化と湿潤で日本は亜熱帯の国にになったようですね。

コメントを投稿

散策の詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。