たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

赤いバラの花びらが散っていた

2017-05-14 21:09:54 | Lyricism

バラの季節が始まった、この季節に、
なぜこんなにも散ってしまうのか。

自然公園のバラ園の開花状況を見に来ました。
周りのバラは未だ、つぼみが多いのに、
この樹だけ盛んに散っていた。

この公園のバラの管理は、京成バラ園が担当している。
管理上、何か施肥に手違いがあったのだろうか。



赤バラの花びら敷き詰めたフラワーシャワー。
バラの花びらの敷き詰めたステージへの誘い。

薔薇は香浴・媚薬効果・催淫の花です。
クレオパトラは入浴剤に愛用していたとも。

皇帝ネロはローズのオイルを体に塗布し、
部屋をローズの香りで満たしたという。

バラの香りを嗅がせれば、
女性の怒りは鎮まると聞いています。

今日は母の日。
花の主役はバラではなく、カーネーションでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の野の雅(みやび)な装い―... | トップ | バラの季節にバラを観る――世... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-05-15 09:05:04
これは綺麗なばらの絨毯ですね。ここに立てば誰でも主役ですね。
拙速で申し訳ありません (管理人の爺)
2017-05-15 21:23:35
カメラを持っていかなくて、
ガラ系ケータイで写した3枚を合成しました。
惰性でアップしてしまいました。
コメントまでつけてくださり恐縮です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。