たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

鎌スタに恐竜が現れる――ジュラシック・パーク

2017-05-08 09:21:22 | 鎌スタ

プロ野球・北海道日本ハム・ファイターズのファームの拠点。
千葉県鎌ケ谷市のファイターズタウン「鎌ヶ谷スタジアム」――鎌スタ。
開設20周年になり、スタンド席も全面リニューアルされ、
趣向を凝らしたイベントも人気を集めています。
5月5日(金・祝)、6日(土)、7日(日)は対西武戦が行われました。



大型連休後半の3日間は、「鎌スタ☆恐竜王国」恐竜放し飼いでした。
こどもの日もあって、多くの親子連れが詰めかけ、
スタジアム正面広場で繰り広げられる恐竜ショーを楽しんでいました。
【巨大恐竜バルーン】巨大恐竜バルーンは迫力満点



【放し飼い恐竜出没】リアルな恐竜たちが不定期にエリア内に出現
【恐竜迷路】子供限定。迷路から脱出できるか?



【化石発掘体験】親子で発掘を楽しみながら考古学者に



【特設ステージ】恐竜ステージ



【特設ステージ】松戸市立第四中学校吹奏楽部による全国コンクール金賞受賞パフォーマンス



【鎌ス田んぼ】泥んこ遊び
【カブトムシの赤ちゃんプレゼント】
―――など、子どもたちの歓声が響いていました。

試合前の練習を上げて、寮に引き上げてくる選手たち。
サインを待つファンの列。



試合開始を待つ、来場者の列。
連敗から抜け出した1軍も最下位を脱出して、
負け数借金を返済中です。上位へ足がかりを固めました。



20周年記念イベントは4月22、23日には「全国駅弁&グルメフェア」
これからの予定は、
・5月21日は「鎌スタ★健康祭」
鎌ケ谷総合病院・鎌ソウ★鎌スタ――プロ野球と病院のコラボイベントです。
大谷選手も、今は鎌スタで治療、リハビリ中ですね。
グラウンド復帰はいつごろでしょうか。
・6月10、11日は「ニコニコママの日」マルシェ開催

ボールパークの鎌スタが呼んでいる。

鎌スタの恐竜――フォトチャンネルにもアップしました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リアル「監視社会」の現実の... | トップ | 春の野の雅(みやび)な装い―... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やりますね鎌ヶ谷球場 (カマガヤ公男)
2017-05-11 17:32:09
この球場パーク構想は果たして成功するか?
まあ、いろんなことを実験的にしてみるのもいいんじゃあないですか。
立派ですよ。もはや、10 連敗も関係なし。
そのうちに、試合は 3 回で終わりにして、あとは何かイベントで盛り上げるということにも?
コミュニティ球場 (谷氏)
2017-05-11 20:46:12
公男さま。
谷氏は試合より、イベントを注視しています。
他球場に試合に行っているときは、
鎌スタは閑散たるもので、
リハビリ中の大谷選手は室内でトレ中のようで、
グラウンドにはいません。
球場外周を三回りして、自宅と往復すると8000歩です。
他にも歩きに来る人、キャッチボールに来る親子など、
地域のコミュニティになっています。

こんなサイトがあります。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/05/11/kiji/20170511s00001173117000c.html
記事拝読 (カマガヤ公男)
2017-05-12 10:02:40
いいじゃあないですか「子供たちを楽しませる・・・」の記事。道標などを完備して、予備知識なしに鎌ヶ谷、新鎌ヶ谷駅から球場に歩ける散歩コースがあるといいですね。

バスにも乗ってほしいのでしょうが。

野球以外で楽しめる鎌ヶ谷球場を、野球パークのある鎌ヶ谷市としてアピールしてほしいと思います。
道路が最悪 (管理人の谷氏)
2017-05-12 21:59:42
鎌ケ谷駅から鎌スタまで歩く道が悪すぎます。
カーブが多く、上り下りの坂道が続いています。
歩道らしきものはあっても、でこぼこで、
すれ違いもできません。
事故が起きたら、市の道路管理の責任が問われます。
私は、車の入ってこれない細道を歩いています。

試合のある日は、
シャトルバスが運行されますが、
球場と駅とのアクセスが楽しめるインフラ整備が望まれますね。

コメントを投稿

鎌スタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。