たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

雨の上野公園・美術館は人の波、二つの美術展を鑑賞

2017-08-17 14:02:33 | 展覧会・美術展

16日・水曜日、今日も一日雨でした。暑くても太陽の顔を見たいですね。
第三水曜日は東京都美術館はシルバーデーです。毎月この日を楽しみにしています。

雨も降っているし、人も少ないと思い「ボストン美術館の至宝展」と、
かねてから観たいと思っている国立西洋美術館で開催中の、
「アルチンボルト展」をハシゴしたいと出かけました。

10時30分。上野駅公園口に出ました。「えっ、なに、この人の波」。
改札口から東京文化会館まで人と傘で埋まっていました。
西洋美術館の方へも行列です。



始めに「アルチンさん」の列に並び、40分でチケット売り場ま、
(こちらはシルバー待遇なく1,600円)入場できました。
出てきたのが、12時過ぎ、美術館の脇の道が人の波です。
理由がわかりました。「深海」です。
国立科学博物館で「深海」の企画展が開かれていたのです。
人の波のお目当てはそっちが主流のようでした。



私は東京都美術館を目指して歩き出しましたが、
こちらは年配の人たちが主流です。シルバーデー目当てに一見、
かなり高齢と思われるお婆さんの仲間もいます。
生きているうちに「名画観賞」に雨でも出かけてくる。素敵ですね。
場内はこちらも人の列で「50分待ち」といわれました。
ランチにしようと美術館のランチにしました。
お一人様席の空くのを待って、コーヒーと合わせて1,110円。
列に戻ってみると40分待ちになっていました。観終わって出たのが3時30分。
さすが疲れました。

★国立西洋美術館のアルチンボルド展―9月24日(日)まで。
奇想の宮廷画家ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)。

日本で初めての本格的な展覧会に計30点が集結。
果物や野菜、魚や書物などで構成されたユニークな肖像画を中心に、
その画業を本格的に紹介するという展覧会です。



代表作の「四季」《春》《夏》《秋》《冬》が初めて集結。
その構成要素の対比になる「四大元素」としての、
《大気》《火》《大地》《水》が連作として描出された。
これら8点が一堂に会して見られるのはすばらしい。




★東京都美術館の「ボストン美術館の至宝展
― 東西の名品、珠玉のコレクション― 10月9日(月・祝)まで。
ボストン美術館の主要なコレクションから珠玉の80点。
古今東西も世界の名品を堪能できる――という展覧会です。

1章・古代エジプト美術「ツタンカーメン王頭部」など。
2章・中国美術では、清朝の皇帝が好きだったという、
陳容の「九龍図巻」南宋、1244年(淳祐4年)は凄いです。
約10mに及ぶ長大な画面に筆墨で描かれた九匹の龍は圧巻でした。

3章・日本美術では、喜多川歌麿「三味線を弾く美人図」、
酒井抱一「花魁図」などありましたが、
奇跡の里帰りと評判の英一蝶「涅槃図」は息をのむ凄さでした。
釈迦の入滅の様子を描いた《涅槃図》は、
涅槃に入る釈迦と悲しみにくれる菩薩、羅漢、動物たちを、
鮮やかな色彩で大画面に描いている。
1886年(明治19年)以前にフェノロサが購入、
今回の公開に際して、約170年ぶりに本格的な解体修理が行われたもの。
一蝶による幻の巨大涅槃図が最大の見ものでした。

4章・フランス絵画では、ゴッホのルーラン夫妻が目玉でしたが、
たにしの爺としては、クロード・モネの「睡蓮」がよかったです。
5章・アメリカ絵画、6章・版画・写真、7章・現代美術――など。

それにしても、わが国の名品もそうですが、
古代エジプトの発掘品などが、他国に流失しているいきさつは、
なにがしかの、問題がありそうですね。

ポストカードやカタログなど購入していますが、
スキャナーの故障で画像化できません。
後日それらは追加したいと思います。



それにしても、雨の中、かなりの高齢者が、
に術館に足を運ぶ、1時間以上も列に並んでいる。
元気なお年寄りが増えることは、いいことですね。
たにしの爺もその一人として、頑張ろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一本の木に、セミの抜け殻の連なるを見て撮りし

2017-08-11 14:58:06 | 散策の詩

空蝉のなほ苦しみを負ふかたち <鷹羽狩行>

数十年に一度咲くというアオノリュウゼツラン。
市川植物園には5年ぶりに咲いている(5年前とは異株)。
その温室の庭にインド、スリランカ原産のデイゴの花が咲いています
マメ科の落葉高木で「沖縄県の花」に選定されているという。



デイゴの木の葉陰に、いくつものアブラゼミの抜け殻が残っていました。
セミは土中で数年間の幼虫生活をしながら、地上に出る時期を待っています。
生育過程は生来備わっている体内時計が支配しています。
地上生活は一週間。
子孫を残すために鳴き暮らし営みを終えていく。



晩夏の道野辺を徘徊すると幾匹もの亡骸を見る。
クルマにつぶされ、アリが集っていいる。
その上を、さらにクルマが通ったり、人の踏まれたり、
生き物の中でも悲情な姿が、日常になっている。 

 

たにしの爺が見て撮った、これらの抜け殻から飛び立ったセミは、
うまく子孫を残すことができたでしょうか。
すでに、いずこに、亡骸をさらしているのだろうか。



セミの抜け殻を空蝉(うつせみ)とも言いますね。
「現し身」から「空せ身」――空しいこの身と転じ、
「空蝉」蝉のぬけ殻のイメージと重ねて無情さを詠う。

源氏物語、第3帖「空蝉」から
空蝉の 身を変へてける 木の元に なほ人柄の 懐かしきかな
空蝉の 羽に置く露の 木がくれて 忍び忍びに 濡るる袖かな

昨日の投稿文を少し手直ししました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

台風通過中、あとには秋空? そんな気配の秋立つ日

2017-08-07 20:12:58 | 24節気


今日は立秋でした。
秋の気配を撮ってきました。

早くも台風シーズンのように、
太平洋上を何日も徘徊して迷走して、
あげくに日本列島に取り付いた台風5号。
集中豪雨、強風、土砂崩れ、河川氾濫、道路流失。
はなはだ迷惑な徘徊台風ですね。



徘徊と言えば「たにしの爺」の日常です。
爺の徘徊は、人さまには決して迷惑を掛けません。
これまで一度も市の防災無線で捜索放送や、
パトカーの厄介になったことはありません。
位置的・時間の「見当識」はついているつもりです。



そのうちに「私って誰」「何処から来て、どこに行くのか」
自分で認識できなくなる日が来るのだろうか。

認知症になってもブログの更新できるのかな、
認知症の方のブログってあるのかなー。
 認知症予備軍的ブログは当サイトですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非核・平和への願いを形に表そう

2017-08-06 09:56:31 | Journalism

きょう6日は、ヒロシマ被爆72年目となる「原爆の日」です。
広島市中区の平和記念公園では午前8時から、
平和記念式典が開かれ、原爆によって犠牲になられた方々、
全ての被爆者への哀悼と平和への祈念式典が行われました。





鎌ケ谷市においても、
非核・平和を祈念する市民の集い主催による、
総合福祉保健センター入り口に設置されている、
被爆した広島市庁舎敷石、信用金庫敷石前で
「非核平和都市宣言」を読み上げ、
8時15分、黙祷と献花が行われました。





9日のナガサキ原爆忌にも、同様の集いが行われます。
7月に国連で採択された核兵器禁止条約には、
日本政府は参加を見送っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アオノリュウゼツランの花を再び見られました

2017-08-04 12:51:06 | 花とつぶやき

数十年に一度咲く花、
アオノリュウゼツランを初めて見たのは、
2012年の夏でした。
そのアオノリュウゼツランをこの夏も、
見ることが出来ました。



いつも徘徊している道野辺の散策路のオアシス。
市川市の植物園には温室ゾーンがあって、
中庭には亜熱帯の花が咲いています。



その中の一角にアオノリュウゼツランが数株、植生しています。
そのうちの一株から花芽が出て、
成長して花が咲いています。


数十年に一度しか咲かないというアオノリュウゼツラン。
奇しくも5年ぶりに再見することになりました。



ひょっとすると数年後には、
他の株からも花芽が出て、
3度目のお花見ができるかもしれません。
それまで頑張るとしましょう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ桟敷で見た「長岡まつり大花火大会」

2017-08-03 17:20:28 | Journalism

2日の夜、「長岡まつり大花火大会」を、
NHKBsが生中継していました。
居間に居ながら花火大会を堪能しました。



「正三尺玉3連発」など正統派の華麗にして、
色彩の華が夜空に上がる花火に魅せられました。
写真はテレビの花火をとったものです。





昭和20年8月1日、長岡市は、
米空軍大型爆撃機B29による大空襲に見舞われていた。





市街地はほとんど焼け野原と化した。
以来、慰霊の念を込めた「長岡まつり」が行われ、
夏の夜空に鎮魂の花火を献じるようになりました。





競技花火大会ではなく、
協賛事業として運営されていることを知りました。



前夜、やはりテレビで見た東京・隅田川の、
花火大会とは趣にかなりの違いがありました。
スポンサー付きの民放とNHKの違いかな。
花火の上がる背景が決定的に違いますね。



二日目もテレビで見ています。
今夜の方が昨日に比べ奇麗に見えます。
風の関係で煙が残らないので透明性がいいのでしょう。
あっぱれ。長岡花火。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

両国駅でギョーザの「ホームパーティー」

2017-07-27 10:14:21 | Journalism

先日25日、上京した際に4時すぎ、
両国駅から総武線下り電車に乗るため、ホームに上がりました。
下のホームを見たら、祭提灯がずらりと並んでいて、
テーブル椅子と焼き肉鍋みたいなセットがおかれていました。

近頃、は何でもやるJR東日本。
夏休みに入って、まもなく隅田川の花火大会もあるし、
ジンギスカン・ビヤガーデンでも開店したのだろう、
とは、想定できましたが、
実はギョーザの「ホームパーティー」でした。
今朝、ネットを「ググって」分かりました。



帰宅途中の電車のお客さん、
下のホームから上がってくるギョーザの匂いに、
お腹の虫が「キュー」と鳴くか、
たまらず途中下車で駆けつけて、
気が付いたら「終電車が終わっていた」
まさかそんなことはないでしょうが――。
最近のJR東日本、エキナカもエキ外も面白い。

現在、青春18きっぷも使えます。
ご近所徘徊よりも、JR各駅徘徊も楽しんでみようか。
以下のルポ記事。実に楽しいです。

ホームでギョーザ、「幻の3番線」で食べる喜び両国駅で期間限定「ギョーザステーション」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炎暑の下、徘徊のオアシスは緑陰・涼風の道

2017-07-24 20:31:41 | 24節気


23日(日曜日)は二十四節気の大暑でした。
暑気入りの7日の小暑から8月7日の立秋を経て、
23日の処暑まで、暦の上では日本の夏が過ぎてゆきます。



この時期、暑さをしのぐ知恵として、
緑陰効果とか打ち水が風物詩となっています。



近頃の猛暑は木陰に入っていても、熱気が身を包む。
身体の熱気を熱源に小虫がまとわりついてきます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵小金井の「江戸東京たてもの園」に行ってきました

2017-07-19 12:08:58 | 社会見学

公民館サークルの企画で「江戸東京たてもの園」を研修してきました。
所在地は東京小金井市の都立小金井公園内にありました。
同公園は春にはサクラの名勝地と知られています。



201年7月13日、暑い日でした。
中央線武蔵小金井駅からバスで10分ほどの公園前バス停で降ります。
園内に足を踏み入れると、サクラの巨木が鬱蒼と繁っていました。
なるほど、サクラの頃は見事なお花見になることが想像できます。



園内中央の花壇の中にあった屋根付き休憩所でランチタイム。
この後、「江戸東京たてもの園」のインフォメーションフロアーに入場。
ボラティアガイドのリ―ドで巡回見学・研修がスタート。



東京・江戸の歴史は火事・水害・震災・戦災などにより、
多くの貴重な歴史的建造物が失われてきました。
現在もまた、再開発、経済活動に伴って、
由緒ある建物がが失われつつあります。



東京都は1993年(平成5)江戸東京博物館の分館として、
敷地面積約7ヘクタールの「江戸東京たてもの園」を建設した。
現存地では保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、
復元・保存・展示するとともに文化遺産として、
継承する活動を行っている建物に関する博物館となっている。



同園の構成は、――
《ビジターセンターの導入展示》
《復元建造物と生活情景再現展示》
《遺跡・遺構の展示とまちなみの再現》
《旧武蔵野郷土館資料の展示・特別展》
《旧武蔵野郷土館》――からなっています。



ここまでの写真は小金井公園の花壇・樹木の写真でした。
それではとりあえず写真に収めた建物を順次見て行きます。
まずは「江戸東京たてもの園」の正面です(トップの写真)。

・田園調布の家(大川邸):大正14年、全室洋間となっている



・前川国男邸:昭和17年、日本近代建築の発展に寄与した建築家の自宅





・小出邸:大正14年、日本モダニズム運動の先駆けの建築家。堀口捨己が設計した、
オランダのデザインと日本の伝統を折衷した構造になっている。



・デ・ラランデ邸:明治43年、平屋建て洋館を3階建てに改築した。



・三井八郎右衛門邸:昭和27年、、客間と食堂は明治30年に京都で。
蔵は明治7年のものを移築したもの。





・旧自証院霊屋:慶安5年、東京都指定有形文化財。



・高橋是清邸:明治35年、昭和12年、2・26事件の現場になった。







・奄美の高倉:江戸時代末期、奄美黄島にあった高床式の倉庫。



現在、展示室では「国立西洋美術館」の世界遺産登録記念して、
特別展「ル・コルビュジエと前川國男」が開催されていました。
同園には、前川國男の自邸(1942年)が移築されていて、
ル・コルビュジエの数々の作品、日本にもたらした影響、
前川國男が独自に切り開いた世界と建築作品が展示されている。

展示室には時間がなく入らないで引き上げました。
帰ってみて、残念なことをしたと後悔しています。

猛暑のため、出かけることがないので、
ネタ切れのピンチヒッターでアップしましたが、
取材不足にままで間に合わせました。
ご容赦ください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

全国各地で猛暑 被災地も熱中症に注意

2017-07-14 22:38:03 | Journalism
この夏は、猛暑列島になりそうです。
暑中お見舞いの時節になりました。
ストック写真のフォルダから緑陰・涼風を求めて見ました。



気象庁によりますと14日、全国各地で晴れて、
強い日ざしが照りつけ気温が上がりました。

北海道でも、35度以上の猛暑日となっているところがあります。
九州北部の豪雨の被災地でも、猛烈な暑さとなりました。

気象庁は、各地に高温注意情報を出して、
こまめに水分を取り、適切に冷房を使うなど、
熱中症に十分注意するよう呼びかけています。



午後1時半までの最高気温は、福島県伊達市で36度3分、
兵庫県豊岡市で36度2分、群馬県館林市で35度5分、
北海道北見市で35度ちょうどなど猛暑日になっています。



全般の予想では、暑い夏になりそうです。
8月は全国的に高気圧に覆われやすく、
平年に比べ晴れの日が多くなる予想です。

8月と9月は北日本から沖縄・奄美地方まで、
平年より気温が高くなる確率は50%となっています。



たにしの爺、日々の徘徊も難儀なりました。
朝の涼しいうちに、と考えますが、
午前中はダラダラ時間に慣れて、直しようもない。

午後は1時からのNHKBsの映画を見てしまうと、
終わると3時になってしまう。熱い最中です。



暑さに感けて徘徊をさぼると、秋に体力が落ちてしまう。
徘徊を仕事とする爺にとって、
猛暑は仕事の障害になっている。



暑い夏を乗り切るために「仕事」を、
さぼらないように努めましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大型活字本の「鬼平」全24巻を読み終えました

2017-07-12 09:43:46 | 本・読書

ノルマのない365日連休生活。緊張感もあまりなし。
自然公園に続く道野辺の道を徘徊する日々の「たにしの爺」です。



傘寿も間近に控えた日々を送る「好奇高齢者」を任じています。
追われるものがあると感じているのは、税金や社会公共費補充の捻出やりくり。
それと同居人の叱咤(激励?)くらいか。



ブリッジタイム(息抜き)も欲しくなります。
爺にとってのノン・ストレスの時間ですな。
この時間を満たしてくれるのは「鬼平」です。



あまりにもよく知られている池波正太郎さんの代表作。
大活字本の「鬼平犯科帳」全24巻を読み終えました。
現役時代、通勤電車の中で文庫版の活字を追って読みました。
今回は22ポイントの大活字・ゴシック体の本でした。



文春文庫版1冊分を3分冊に分けて編纂されています。
くっきりしたゴシック活字で行間も広く、
絵本をめくるような感覚で読めます。



読むというより、目を流していく感覚です。
池波さんの描く情景が映り過ぎていきます。
まったくストレスが感じられません。



たにしの爺、この「鬼平」を読んでいるときが至福のときでした。
あまりに早く読んでしまうので、ほとんど2度読みしました。



各巻とも緊迫感を醸すストーリーの中に、
ちりばめられたユーモアに満ちた人情味、
連絡に出入りする出会茶屋の女や盗賊の情婦など、
女の肢体、官能描写は感じさせるものがあります。



短く2、3行にすぎないですがエロスの世界ですね。
「おとこの秘図」、忍者モノや他の作品でも同じです。



ところで「鬼平最終巻」は作者の逝去のため未完です。
「誘拐」は後編が「オール読物」平成二年3月号から始まり、
4月号の途中で連載が終わりでした。

特別長編「誘拐」は、鬼平こと長谷川平蔵のもとで、
おんな密偵を務める「おまさ」が誘拐される物語です。
誘拐したのは「荒神のお夏」という女賊です。
この女賊が「おまさ」に恋をしているのです。
女賊「お夏」が「おまさ」に同棲を迫って(多分です)。



ストーリーは入り組んでいますがこの先、
残念ながら読むことは永久に不可能です。
筆者の筆はここで止まっています。
女賊と女密偵のエロスの展開は果たして……???読みたいものです。

今後、大型活字の「剣客商売」を読むことにしています。
剣客・秋山小兵衛と若い嫁・おはる、子息の大治郎、妻・三冬。
池波さんの本は大型活字本がたくさんあります。
なお、大型活字本はすべて図書館からの借り出しです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「暑気入り」梅雨明け前の集中豪雨が多く発生する時期

2017-07-09 13:36:25 | 24節気

列島は豪雨地区と猛暑地区に分断されています。

7日の小暑から「暑気」に入った列島の気象。
まもなく梅雨が明け、本格的な暑さが始まるとされています。
その通りというべきか、異常というべきか。
気象庁は、猛暑、熱中症に注意を呼びかけています。



《日本列島は9日、関東甲信や東北を中心に午前中から気温が上がった。
気象庁によると、同11時20分までに群馬県館林市で34.6度、
福島市で33.7度、東京都練馬区で33.5度を観測した。
午後は35度以上の猛暑日となる所が続出する見込み。



同庁は北海道・十勝地方のほか、東北と関東甲信の大半、
北陸と東海の一部、沖縄に高温注意情報を発表し、
熱中症に十分注意するよう呼び掛けている。》



関東甲信地方の週間天気予報によると、
向こう一週間は、期間のはじめは高気圧に覆われて、
晴れる見込みですが、
気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、
期間の中頃に雨の降る日があるでしょう。
最高気温・最低気温ともに、平年並か平年より高く、
平年よりかなり高くなる所もある見込みです。
降水量は、平年並か平年より少ないでしょう。



一方、九州熊本、大分、福岡では豪雨が止まず、
山の崩壊、河川の決壊、生活地区が流失、
人的にも甚大な被害が続いています。
一日も早く平常の生活に戻れることを祈念しています。

自然・天の配剤は不都合なものです。
丁度よくほどほどにというわけにまいらぬようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベニシジミの饗宴ステージはハルジオン。今日は七夕です。

2017-07-07 11:19:02 | Lyricism

春先から、何時までも目に入る花と蝶
白い、あるいは薄いピンクの小さな花。
一本の茎からひと固まりになって咲く。
ハルジオンなのかヒメジョオンなのか。



その花の周りには茶黄模様の小さな蝶。
ひらひら、ふらふらと飛び回っている。
春から秋にかけて発生するベニシジミ。
年に3回、5回くらい発生するという。



個体の特徴にも変化が現れるという。
(春型)は赤橙色の部分が鮮やか。
(夏型)は黒褐色部分が太く大粒。



梅雨の合間の青空に夏の光が満ちて、
緑の野は輝き足元に咲く花に涼風も。
小さな蝶の鮮やかな翅しなやかに舞う。
暑い季節の中へ一時の静けさが止まる。



九州熊本、大分、福岡地方では、
豪雨の惨禍に見舞われています。
そんな時、蝶と花のブログ記事。
大変心苦しいのです。スイマセン。



今日は七夕まつり。当地は晴れ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<TOKYO街旅・王子篇>飛鳥山公園から王子稲荷神社まで

2017-07-06 10:46:37 | 社会見学

公民館サークルの街歩きで、東京北区の王子・滝野川に行ったことは、
初めてタイサンボクとクマシデの花をみたことで、
報告しました。

ガイドさんの案内で3時間近く散策し、
初めて足を踏み込んだ未知の街の歴史や、
文化遺産、自然を見聞しました。

あまり写真は撮れませんでしたが、
何枚か載せて、見聞の一端をメモしました。
始まりは飛鳥山公園の碑からでした。



この碑は1737年(元文2年)建立されたもので、
飛鳥山の由来を記したもので難解な漢文であるため、
江戸時代は読めない碑として知られていたという。

八代将軍徳川吉宗の命によって桜が植えられ、
飛鳥山が江戸時代に名所になったことを称え、
吉宗の事績を顕彰碑として「飛鳥山碑」が建てられたという。



次は、「醸造試験場跡地公園」です。
ここにはかつて旧醸造試験場第一工場があったところでです。
芝生公園が広がり向こうに煉瓦建物が残っています。



そこから赤ちゃんのお寺・正受院を巡って、
石神井川の遊歩道、音無緑地の吊り橋など渡り、
もみじ緑地の金剛寺を経て、赤煉瓦の建物に出ました。



旧陸軍施設を活用した北区の中央図書館です。
北区には戦前、陸軍の軍事施設・軍需工場があったところで、
戦後は民間活用に転用されて、この図書館もその一つだという。



このあと、急な三平坂を下り「名主の滝公園」に入りました。
「名主の滝」を始め4っつの滝がある回遊公園となっている。
安政年間に王子村の名主「畑野孫八」が自邸に開いたのが始まり。



隣には石段の上に「王子稲荷神社」が鎮座していました。
境内は幼稚園になっていて、子どもたちの歓声が響いていました。
関東稲荷総社の格式を持ち大晦日、狐が初詣をする言い伝えがあります。



最後は大きな鳥居のある王子神社。
珍しい髪の祖神を祀る関神社もあります。
音無親水公園の橋の上でガイドを終了しました。

今回ガイドを務めてくださった方々の一生懸命な案内と、
この地に暮らす誇りと街への愛情が強く感じられました。
折角のご案内にもかかわらず、雑駁の記録でスイマセン。

それにしても坂の多い道筋で、生活の不便が忍ばれます。
地図上で地名だけは旧知であっても行ってみて、
実情を知らない街の様子を知ること興味深いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は今年の真ん中の日です。花は半夏生

2017-07-02 10:49:07 | 24節気

青い葉が花期になると上部の葉の表面が白く変色する。
葉の脇から穂状の花茎が出て白い花をたくさんつける。



花期になると葉が変色(白塗り=化粧)する「半化粧」
「半夏生」の葉は繁殖のために虫を誘惑しているのです。



夏の盛りになると白い部分は消えてもとの緑色に戻る
「半夏生」は夏至から11日目の節季にもなっている。



この時期徘徊していると木陰の下によく見られる植物です。
花の出る条件も場所によってかなり差があるようです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加