ルーマニア・ランニングライフ★Romania Running Life★

ダーリンはルーマニア人、マラソンシューズ゛と共に過ごす首都ブカレストでの日々。東欧の神秘ルーマニアを探索中+ラン遠征。

DHLマラソン、逆転総合優勝

2017-06-17 | 海外&ルーマニア・マラソン大会


雨の週末、土曜日。早朝からラン仲間の車に乗り合わせて、山岳マラソンのスタート地点プレデアルへ。事前にweb-スポーツサイトで取り上げてもらったので、たくさんの人に声をかけてもらいました。
 


いつものように、Mr.Frendship Flag Runnerのイリエ氏と記念撮影。この大きなフラッグを携え、42キロでも山でも何でも走る彼は、同い年。 



この時は雨はまだ降っていなかったけれど、降り出すに違いない~しかしながら6月の雨、身体を極端に冷やすことはないはず…。雨除けのキャップだけをかぶり、いざ、スタート。






 
何度も走っているコースだけれど、昨年から一部コースが変わり(従来のコース上に遊戯施設Dino Parkができたので、混雑回避のため)、21キロ過ぎから2キロ余りのトレイル。


 
前日からの雨で、滑る滑る=。普通のマラソンシューズで出走して、トレイル部分で大苦戦した昨年の経験を活かし、今年はライト・トレイルシューズで出走。ロードも走れて、トレイルも走れる軽量シューズ。


 
そして23キロからは、このコースのハイライト、10キロほども続くアスファルトの登り。つまり、走らなければならないロード。去年はここですでに歩いてしまったけれど、今年は走れそう~脚が走りたいと言っているよ。ここを駆け上がるのが一番の快感。
 


すでに雨も降りだし、予想外に冷たい雨、ここで失速すると身体が冷えて動かなくなりそう。



でも、トコトコ、脚が動いてくれます、どんどん先行の男子ランナーを追い抜き、32キロ手前の折り返しで確認すると、前の女子選手と5分以上の差がある、これは縮まらないかな・・・・?


 
登りがあれば急なくだりもあるコース、さすがに膝に堪えてきたけれど、微妙に着地バランスを変えながらなんとか痛みをやり過ごし、34キロ以降ゴールまで続くトレイル部分に突入。



雨のトレイル、つまり泥と水たまり。この部分だけで周回コースも作られていて、ここで駅伝も行われています。走者6人でつなぐ駅伝、スピードランナーがものすごい勢いで抜いていくけれど、背中は泥跳ねだらけ。


 
私はここまで3番手で走っていたのですが、32キロ地点で5分以上差があった2位の女子ランナーを38キロ過ぎでかわし、大逆転。しかも、雷を伴う激しい雨という悪条件で男女共トップを走っていたランナーがリタイアするという番狂わせ。最後のトレイル部分に入った時に3番手と思っていたけれど、2番手で突入。そしてここで逆転できたので===総合優勝です!
 
ゴールで出迎えてくれた主催者のボスに、「事前の雨予報のため、参加者は少なめで、ラッキーでした。」と伝えると、「途中でやめる人も多かった、それでもあなたはずっと走り抜いたわ。」
 
何度も走って熟知している、30キロ以降が勝負のポイントの難コース、諦めないで走ってよかったです♪、総合優勝の最年長記録を更新♪



嬉しい表彰式、ルーマニアのオリンピックメダリストに囲まれて、中央はConstantina Ditaさん!



車いすランナーも出走。生活用車いすのランナーもいました。

ラン仲間に感謝:
同行のラン仲間が走り終わって着替え終え、スタンバイできた時から表彰式開始まで1時間半以上ありました。

「私、表彰式に出なくてもいいよ。仲間4人の時間を無駄にしたくない。みんなを待たせたくない。雨だし、どうしようもないよ。」と遠慮したけれど、同行女性ランナーが「ステージに上がるのは素晴らしいことよ。」

そして運転してくれるランナー(彼は年代別4位で、惜しいところで入賞を逃がしていた)も、「ここらあたりを車でドライブしよう。」と、時間をつぶしてくれ、一緒に表彰式まで待ってくれました。ありがとう==。
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
Comments (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルーマニアの『Gazeta スポー... | TOP | 雨の週末、連勝 »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Hello! ( 🍁カナダからの手紙🍁)
2017-06-20 02:23:11
Hello from Canada to Romania,

カラフルなユニフォームを着ている人が多いですね。
その色も、青、黄、赤が多く、国旗の色ですね。

次のブログのメダルについている紐も、青黄赤のトリコロールで、国旗がルーマニア市民に根付いているのが伝わります。

此方から送った折り紙入りの封筒、第二弾(実際は第三弾)が、今週中にでも、其方に届きますように。祈りを込めて。 後付けになりますが、総合優勝のお祝いも兼ねて、、、。 ✉ 🏣 ✈
🍁カナダからの手紙🍁さまへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-20 05:05:13
ありがとうございます!!

遠征から戻ったら、エアメールが届いていました!!たくさんの折り紙作品でいっぱい、くじゃくやペンギン君、そして、恐る恐る開いてみるとそれは扇子でした。

いずれもトリコロール。一般的にはリコロールというとフランス国旗の三色ですが、トリコロールの単語自体には制限なし、三色カラーの国旗を持つルーマニアも、トリコロールを愛しています。もちろんルーマニアでは、赤・黄・青です!

You are welcome, (🍁 カナダからの手紙 🍁)
2017-06-20 13:37:20
You are welcome,

無事に届いて何よりです。先ずは、このことに安堵しました。届くかどうか、ドキドキすることも余りないことです。

折り紙の朝顔と葉も、気に入っています。
其方でも、朝顔は見かけますか。

折り紙のヨットも、簡単でありながら、気に入っています。⛵

Unknown (アイロンマン)
2017-06-20 19:45:10
総合優勝、改めておめでとう。
幸運があったとは言え最年長記録更新も素晴らしいです。
まだまだ記録を更新してくださいね!
🍁カナダからの手紙🍁さまへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-21 04:37:55
届くことが普通のはずの郵便物が、届かないことって、あるのです。

6月初めのころにウクライナから投函した、大阪の実家宛てとブカレストのマイダーリン宛て、両方とも、まだ届いていません。

国際郵便料金として教えられた分の切手を貼り、自分の手でポストに投函したのですが・・・・。

(郵便局の窓口で、切手代金と郵便物を預けると、切って代金を着服され、郵便物はいつまでたっても届かないことがあります==)
アイロンマンさんへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-21 04:40:36
ありがとうございます!
続けることの大事さを感じた大会でした。

続けること=走り続ける、
好きなことを続ける、
自分の思いこんだことを続ける、etc

でも、例えば、アイロンマンさんの得意とされているトライアスロン競技では、大会参加にあたっての最年長年齢制限が設けられていたりするのですね==安全確保のため、致し方ないのでしょうか。
Unknown (アイロンマン)
2017-06-21 06:50:16
ロングで年齢制限をしているのは宮古島だけだと思います。
どこかのショートには機会があれば出てみるかも?笑
Unknown ( 🍁 カナダからの手紙 🍁)
2017-06-21 08:57:05
Hello,

ウクライナから投函したという封筒が、ルーマニアと大阪に無事に届きますように。✉ ✉ 🏣

ところで、気が付きましたか?
今回送った折り紙シャツのうち、一枚は、袖を捲ったシャツでした。 袖を捲ったものと、捲っていないもの、どちらが好きですか。 👕 👕 👕

前に、僕が、折り紙のシャツを送る前に、送る人たちに、何色が好きかと事前にリサーチをしてみると、青色が多かったです。

余談ですが、僕の好きな二色は、コバルトブルーとエメラルドグリーンです。 100枚入りの単色折り紙では、この二色でも購入したくらいです。折り紙は、日本発ですが、色は、西洋の物、、、小規模な和洋折衷だと考えています。 
アイロンマンさんへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-21 16:17:05
トライアスロンの大会、そうだったのですね。宮古島だけの参加資格制限を知って、ほかの大会も全部そうなのかな、と思っていました。

水に入る競技なので、命の危険を一番感じますが、マスターズ水泳もあるし、ファイトです==。

(ごく最近の兵庫県のマラソン大会でゴール直前にランナーが倒れ、亡くなった事故を知りました。どこで命を落としてしまうか、誰もわかりません)
🍁 カナダからの手紙🍁さまへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-21 16:22:03
>袖を捲ったシャツ
そうですね、細かいテクニック!
今、ルーマニアも暑くなってきたので、袖をまくったもののほうが好きです。

100枚入りの折り紙の中から、私のところにルーマニアのトリコロールを送ってくださると、残りの色に偏りが出るのでは、とちょっと心配です。

でも、ありがとうございます!!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。