ルーマニア・ランニングライフ★Romania Running Life★

ダーリンはルーマニア人、マラソンシューズ゛と共に過ごす首都ブカレストでの日々。東欧の神秘ルーマニアを探索中+ラン遠征。

いったい幾らなの、ルーマニアの国際郵便料金

2017-06-22 | ルーマニア・わたしの日常


この春から、毎月、手書きレターを国際郵便で送り出していました。すべて別の特定郵便局から。

まず、3月末に日本へ~「料金は、4レイです。」
4月中旬~「日本宛て、4レイです。日本へも、ヨーロッパへも、4レイ均一です。」、ヨーロッパ圏へは前年度まで2.8レイだったので、手痛い値上げ。



5月下旬~「日本宛て、4.5レイです。カナダへは3.5レイ、ヨーロッパ宛ては2.8レイ。」、前月とは異なる料金を教えられました。でも、これは信ぴょう性がありそう。日本から海外への国際郵便料金も、エリア別に3ゾーンに分かれているし。

しかしながら!
6月中旬~「日本宛て、4レイです。世界各国あて、4レイ均一です。」
 
いったいどうなっているの?5月下旬に日本とカナダへあてたグリーティングカードは双方無事に届きました(着信確認のメッセージをいただきました)。

「世界各国あて、4レイ均一」だとしたら、カナダあてに貼った3.5レイでは、不足していたのでは。4レイを貼って出した日本宛ても、何通かは「届いたよ。」とメッセージ貰いました。4.5レイだとしたら、これまた不足していたのでは?
 
ありがちなことです@ルーマニアの郵便局では。3.5レイや2.8レイなどの半端な切手の在庫がなかったら、めんどうだから手持ちにある適当な額の切手を販売する、よくありそうなことです。

「本当は、2.8レイだけれど、今この局には3.5レイしかないから、これを貼っておいて。」と正直に言ってくれることもあります。でも、額面3.5レイの切手だから、割引販売してくれるはずもなく、その額面通りを支払うのが常套。
 


せっかく外国へ送るのだから、カラフルでいろいろな種類の切手を貼ってみたいけれど、面倒なのかいちいち対応してくれない時もあります。
 
念のため、郵政省webサイトで調べてみると。

国際普通郵便(20gまで)は3.5レイ、Priority mailになると(20gまで)4レイ、との記載。
国内普通郵便も昨年までは1レイ(20gまで)だったのが、1.3レイに値上がりしています。

国内普通郵便の値上がりは今年からだから、新料金が反映されている様子。(新料金が反映されるのが遅い別の国営会社、どことは言わないCFR、もあり)
 
というわけで、いったい幾らなの、ルーマニアの国際郵便料金。Priority mailで、世界各国あて4レイ(20gまで、はがき・定形郵便とも)で良いのかな?



ルーマニアの郵政は国営ですが、グリーティングカードなども販売してくれます。



特定局でも、局によって営業時間はまちまち。ここは平日19時まで空いているので結構便利。


ランニング部門⇔⇔⇔海外ブログ部門
↑↑いつもご声援ありがとうございますm(__)m↑↑






『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
Comments (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これも日本語クラスの話題 | TOP |  ありがたや、身体のちから »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アイロンマン)
2017-06-22 21:14:50
届いたのは銀ラン(Cephalanthera damasonium)の4.50L切手だったよ!
4.00L切手がなかったから貼ってくれたのかな?笑
 Beautiful Romanian postal stamps!! ( 🍁 カナダからの手紙 🍁)
2017-06-22 22:20:54
Hello,

ここCanadaも、数年に一度(?)、切手代が値上がりします。$

因みに、値段は、カナダ国内から国内へは、切手一枚。北米だと、1,20カナダドル、それ以外の国は、2,50カナダドルが最低料金です。1,20、 2,50用の切手も販売されているのですが、10枚一組で購入のほうが、やや割引され、ステッカーも付いてくるので。其方に届いた、Daisyの切手もそうです。切手三枚だと、3,00カナダドルですが、折り紙の厚さを考えれば、妥当です。:) 

其方の切手で、エアメールの封筒が飛行機になっているのがありますが、エアメールの封筒自体は、未だ販売されていますか?

僕が、数年前に、オランダ、ベルギーに居た頃は、エアメールの封筒は、既に生産されていないと言われました。 ✉ ✈ 🏣
アイロンマンさんへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-23 18:05:52
そうなのです、この時は窓口で「日本宛ては4.5レイです。」と言われたので、その通りの金額を支払い、自分で切手を貼って投かんしました。

これからは、4レイで良いのかな?
🍁 カナダからの手紙🍁さまへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-23 18:10:13
>切手三枚だと、3,00カナダドル
なるほど、どこを見ても額面が書いていないので、いったい一枚いくらなのだろう、と思っていました。これは10枚一組の割引価格での購入?

でも、こちらの手元に届いた2通とも、郵便局の消印がしていないので、消印をしない習慣なのかな、と、これまた考えています。

>エアメールの封筒
赤と青で縁取られた封筒ですね、こちらではすでに見かけなくなっています。
Hello ( 🍁 カナダからの手紙🍁)
2017-06-24 11:58:29
Hello from Canada,

此方では、切手を一枚で買うと、例として、カナダ国内用の切手一枚(1カナダドル、プラス消費税15%なので、)1,15カナダドルになります。消費税は、13%なのですが、四捨五入して、15%になっています。

10枚セットで切手を購入する場合、一枚は85セントになります。10枚で、8,50カナダドルになり、15%の消費税がかかり、一枚で買うよりは、得です。$$$

Daisyの切手は、10枚一組の物で、二種類の色(薄紫と黄色)のDaisyが5枚ずつです。

日本の実家に届いた、此方からの封筒の写真をメール送ってもらったこともありますが、消印がされているときもありますが、ないときもあります。

僕は、エアメールの封筒が好きで、世界のエアメールに興味がありますし、ここでも数種類購入し使っているのですが、其方への一通目に、エアメールの封筒を使ったところ、珍しく目立つこともあり、盗られてしまったとも考えられるので、その後は、目立たない業務用の白色の封筒を使いましたし、今後もそうするでしょう。届くことが、一番大切ですから。 ✉ 
🍁 カナダからの手紙🍁さまへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-06-26 03:48:10
少額の切手でも、まとめて購入すると割引料金で定型封筒を発送できる、というのがとても良いですね!

ルーマニアにはこのような割引制度はありません。

日本では、たぶん大口顧客のための割引制度はあるだろうけれど、一般顧客が身近に利用できる、郵便料金の割引制度は、ないですね、きっと。

 Hello ( 🍁 カナダからの手紙 🍁)
2017-06-26 10:07:32
Hello,

現在は、携帯電話、コンピューターによるEmailなどの発達で、切手も売れなくなっていると思うので、まとめ買いで値下げ、ステッカーのおまけもあるのかなと。昔は、国際電話はとても高く、Emailも未だなく、手紙が海外に住む家族との連絡手段だったと考えると、切手の大切さを実感します。✉

ルーマニアの切手は種類豊富ですね。そして美しいです。

国際郵便で思うことで、
ルーマニアは、1989年以前は、外国への手紙は、検閲もあったのではと想像できますし、国際結婚が御法度だったと、米原万里さんの「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」という本で知りました。未だ30年も経っていないことなのに、、、不思議な感じです。 

一通目は、残念ながら届きませんでしたが、此方からの、二通の封筒、そして其方からの絵葉書と手作りのカードが、ここカナダに届いたことに感謝です。 ✉ 🏣 ✈
🍁 カナダからの手紙🍁さまへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-07-03 19:25:14
🍁 カナダからの手紙 🍁さま、ありがとうございます。

思い起こせば、マイダーリンと知り合った2004年当初、ダーリンはまだパソコンを持っていなくて、1年間くらい手紙を送りあっていました。

2度目に出会った2005年以降はパソコンを入手して、簡単にメール交換できるようになりました。

文明の進歩はすごいですね==


それでも、時々届かない手紙があることは、とても残念です。人間のすることだから、ミスが発生するのは致し方ないと思うのですが。

post a comment

Recent Entries | ルーマニア・わたしの日常