ルーマニア・ランニングライフ★Romania Running Life★

ダーリンはルーマニア人、マラソンシューズ゛と共に過ごす首都ブカレストでの日々。東欧の神秘ルーマニアを探索中+ラン遠征。

学食夏休みが前倒し

2017-07-10 | ルーマニアのご馳走


ルーマニアの学校制度は、秋始まりの夏終わり。小学校~高校は9月15日が新学年の始まりで6月15日が年度末。通知簿もあります(こちらから)。

大学が始まるのは10月で、学年末と卒業のシーズンは6月末~7月。6月いっぱいの本試験に合格できなかった学生たちは7月に追試があります。2学期制で、学期ごとの個人成績一覧表が廊下にズラリ貼り出されるのは壮絶。フルネームと共に、どの科目で何点取ったかが一目瞭然。
 
それでも何とかみんな及第したのか、ドロップアウトしたのか、すでに大学に来る学生はほとんどいません。というわけで、併設の学食も夏休みに入りました。去年よりも1週間早い夏休み入り。
 


先週にも学食を訪れていて、夏休み期間告知の張り紙がなかったので、例年通りまだ1週間くらい開いているだろうと思って行ってみると、、、まさに今日から夏休みに入ったとの告知。ああ、腹ペコだぁ。
 


いつもおばさんたちが、広い厨房で大きな鍋にいっぱい料理を作ってくれています。一流レストランの味には及ばないけれど、いわゆる家庭の味、おふくろの味。
 


と言っても、手の込んだ時間のかかるサルマーレ(=ルーマニア風ロールキャベツ)や、アルデイ・ウンプルット(=ピーマンの肉詰め)などの煮込み料理はありません。
 


でも、いつも2種類のスープ、お肉もその日によって牛・豚・チキンのグリル、そしてキフツェル(=ルーマニア風揚げ肉団子)、はみ出すほどの大きな魚がど~んと乗っているお皿もあり。
 
付け合わせも、フライドポテトだけではなく、マッシュポテト・ピラフ・三色ミックスベジタブル・緑の豆、などなど。
 


シンプルな、キャベツのサラダやきゅうりのサラダは、1レイ以下のお値段。付け合わせがしっかりしているので、パンを頼むことはほとんどないけれど、‌大きなコッペパンを4分の一に切ったものが、0.18レイ、これってほとんど原価。
 
ゼリーやシュークリーム・ケーキのデザートもあります。でも、食いしん坊ながら、そこまで手が回りません==。
 
お腹いっぱい食べても、いつも7レイ(=約190円)を越えません。魚を頼んだ時だけ、ちょっと贅沢、トレー全体で9レイほど。魚料理は肉料理よりも高価なのです。
 
寮に併設されているので、ちゃっかりした学生は、タッパー持参で部屋に帰って食べる分も詰めてもらっています。そんな学生たちもほぼみんな帰省して行って、がら~んとして寂しくなりました、活気が戻るのは3か月後。 
 
ランニング部門⇔⇔⇔海外ブログ部門
↑↑いつもご声援ありがとうございますm(__)m↑↑
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  今度は活字に! | TOP |   
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アイロンマン)
2017-07-14 19:36:27
長い夏期休暇ですね。
学生がいないのも寂しいけど学食がないのはもっと寂しそう!笑
アイロンマンさんへ (マドモワゼル・ヒロコより)
2017-07-26 17:30:58
そうです、私の胃袋が寂しがっています==

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。