エンヨーB級ジャーナル

雇用、環境、日常の生活ジャーナル(B級ジャーナル)です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロハス楽エンがオープン

2006-05-24 20:45:11 | ロハス楽エン

お店は土曜、日曜日はお休みですが、メールいただければ、お店を開けます。

また平日もお店を閉めることがありますので、来られる場合は事前にご連絡下さい。

私がいないことが多いのですが、お店には無愛想ですが、心優しい店員がおります。

お気軽にメール、お電話下さい。

メールは「ロハス楽エン」が対応させていただきます。

よろしくお願いします。

楽エン本舗

ロハス楽エンがオープン

写真は、クレオパトラも好んで食べていたとの言い伝えがあるモロヘイヤに、遺伝子組み換えでない有機大豆から搾った豆乳を加えたスープです。

お店では1個で売っています。

お買い物籠をもって着ていただけるとありがたいです。ロハスです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然への親和的一体感

2006-05-07 14:33:55 | ロハス楽エン
「日本人は自然、とくに四季の変化などに対して、極めて繊細鋭敏な感受性を持っている」

「日本人は自然に対して親和的一体感を持っている」

日本人が持つ伝統的な自然観の特徴を、愛知大学の黒柳孝夫教授はこう語ります。

確かに確かに、和食グルメをとりながら外の庭園を眺めると、その庭園が四季によって変化し、目を下に落とすと、皿や茶碗まで一体的に変化しています。

さらに食材まで四季の変化に細やかに合わせています。

日本人は何千年にもわたり、自然との一体感から伝統文化や美的感性を磨いていました。

それはグルメだけではありません。芸術、花、茶・・

ところが戦後日本の高度成長期のわずか数十年、日本人本来が持つ、この感性を失いかけてきました。

日本人は全体的にいかに自然と調和して生きていくか、自然を支配することはありません。

昔に戻ろう、田舎に戻ろう、スローライフとか、ロハスの生き方とか、日本人に日本のふるさと自然への回帰が始まろうとしています。

★自然を楽しく美しくロハス楽エン。(楽エン本舗HP)
食の安全、安心には楽エン本舗がお薦めです。
★日本一のロハスはロハス楽エン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小牧久時博士と潤性蘇菌

2006-03-10 18:55:24 | ロハス楽エン
分子生物学の権威である小牧久時博士がいる。

農学、生物から環境問題にも熱心に取り組んでこられ、湯川博士やアインシュタイン博士、バートランドラッセル卿らが提唱された世界連邦の運動にも熱心に活動された。
国際ジャーナル参考

その博士が微生物培養エキスを開発した。

このエキスは1989年、第13回ニューヨーク世界発明博覧会で生物化学分子生物学において、グランプリを受賞。

その原液、L16、Y24のエキスを食品として粉末加工したのが、潤性蘇菌。

体内環境の改善に大いなる働きをして、健康を維持する。

★潤性蘇菌のお求めはエンヨーの楽エン本舗で。

★乳酸菌と潤性蘇菌(プロバイオティックス)

★プロバイオティックスと潤性蘇菌(プロバイオティックス)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パプアニューギニアとレッドギニア・レッドパプア

2006-02-24 20:42:01 | ロハス楽エン


赤い果実ブアメラことレッドギニアの写真集をブログで公開しました。

★写真集・赤い果実ブアメラはレッドギニア・レッドパプア(旅行・観光)

★写真集・レッドギニア・レッドパプア(ロハス健康応援団・LOHAS)

★写真集・パプアの人々・レッドギニア・ブアメラ(ブログ「日中アジア関係」)

なお、写真提供はロハス楽エン。

★レッドギニア(ブアメラ研究室レッドパプア班)

★ブアメラ(ブアメラ研究室レッドパプア班)

写真提供はロハス楽エン

来週早々スタッフがインドネシアから帰ってくる。

どんなお土産が来るのか楽しみ。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

愛・地球博記念公園にロハス

2006-02-20 19:21:39 | ロハス楽エン
愛知万博(愛・地球博)長久手会場を改装して、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)を設ける計画でいるが、その中核区域「イデアのひろば」について、愛知県はロハスをコンセプトにしている。

それは健康で持続可能な生活様式、ロハスを紹介するロハス情報発信館などを検討しているという。

うれしい話。

素案で示された地球や世界への関心を高め、ロハスを奨励する「地球丸ごと体験交流広場」は、ロハスの啓蒙に役立つこと間違いなし。

これまで環境問題では、もちろん否定するつもりはないが、善意の人たちがリサイクル活動を行ってきたが、再生紙にしてもペットボトルにしても、リサイクルには実は大量のエネルギーを消費し、環境問題の根本的解決にはつながらない。

だがロハスには、環境問題を根本的に解決する産業構造を変革する期待がある。

水質を汚染する合成洗剤を使わずに水だけで汚れが落とせるエンヨーのお掃除用品は、ロハス用品の代表格。

エンヨーが売れれば、大手洗剤メーカーも気付くだろう。

世の中にとってよくないものを製造して、環境を悪化する商品は儲からないとなれば、環境によい製品を製造しなければならないと。

消費者が自覚的に主導する環境保護がロハスだと思う。

ここに「ロハス楽エン」を出店して、ニーム製品レッドギニア(ブアメラ)、梅肉エキス、カゴメ飲料を扱いたい。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ロハスな生活

2006-02-09 18:55:13 | ロハス楽エン
ブロガーはロハスな生活をしている。

水質汚染の原因となる合成洗剤はなるべく使わないようにしている。

食器やキッチンでは、水だけで落ちるエンヨーの革命的なお掃除用品を使っている。

合成洗剤を使ったときに比べて、すすぎがほとんどないためか、時間がかなり短縮されている。

また健康食品として、毎日、インドネシア・パプアニューギニアの赤い果実ブアメラ(レッドパプア)をカプセルにしたレッドギニアを食べている

ブロガーはたばこを吸わない。

たばこの代わりに、レッドギニアを食べている。

医者もいないパプアの原住民たちが、あの熱帯の密林ジャングルで石器時代のような生活のまま今日まで生き延びられているのは、このレッドギニアを食べているからではないか。

パプアの人たちは合成洗剤を使わない。

高度工業社会がもたらした便利な生活は、様々な問題を現代人に突きつけた。

環境破壊、健康被害・・

前近代的な生活を送っているパプアの原住民たちは、ロハスを意識していなくとも、ロハスな生活を送っている。

★エンヨーの楽エン本舗
http://www.rakuyen.com/
コメント (1)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加