見えない鳥の存在: Blog版

Blog: L'oiseau Invisible
blog目的が途中から激変してしまった

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Virginia Hall & other female american spies

2015-12-19 | Bruxellesの原稿

Virginia Hallの話を書いて、やれやれと思ったのもつかの間、記憶の中からある女性が現われ、思考の輪に引っかかってしまった。それは現実の女性ではなく、ある映画の登場人物である。昔々その映画を見て、物凄く感動した。レンタルショップで借りて十数年後にもう一度か二度見たような気がする。その割りに内容をあまり把握していない。思い出すのは、女性二人が再会するレストランでのシーンのみ、という有様なのだが。何故思い出したかと言えば、Virginiaが義足であったこと、ナチのファシズムと戦ったと言うこと、ウィーンに留学していた裕福でハイソなアメリカ人であるということ、から自然とその映画、即ち「Julia」を思い出すこととなった。ご存知でない方のために、まず映画の紹介を。
本当はアメリカの映画評から出すべきだと思うが、見たことのある方はよりリアルに思い出されるかもしれないので、日本語での映画評からリンクを始める。

みんなのシネマレビュー
西澤 晋 の 映画日記
映画「Julia」 wikipedia 日本語
Review Julia:
Film Article:
映画 Julia wikipedia 英語

日本語のwikipediaのなかでジュリアを演じた「ヴァネッサ・レッドグレイヴの授賞式における政治的発言について」の項目があるので、そのYou Tubeをとりあえず探してみた。
Vanessa Redgrave Wins Supporting Actress: 1978 Oscars :
ヴァネッサ・レッドグレイヴについて
Vanessa Redgrave60分
Jane Fondaだけでもかなり政治的なのに、この人も合わせると、あまりに政治的で、映画の内容と実際が混沌としてくる。この人がJuliaを演じたと言うだけに、ここでは止めておく。
英語のwikipediaでは以下のことが問題になっている。
「In 1983, New York psychiatrist Muriel Gardiner became involved in the libel suit between Mary McCarthy and Lillian Hellman, when she claimed that she was the character called Julia in Hellman's memoirs, Pentimento (1973), and in the movie Julia based on a chapter of that book. Hellman, who never met Gardiner, claimed that "Julia" was somebody else.」
映画のJuliaとそっくりな活躍をした(即ちスパイだった)MURIEL GARDINERという人が、自分をモデルにしている作品だと名乗りをあげている。
Muriel Gardiner:wikipedia
MURIEL GARDINER, WHO HELPED HUNDREDS ESCAPE NAZIS, DIES
作家のリリアンは、Murielではない別人だと言っている。
作家は何も作品にそのままの人物をそのままに取り上げるわけはないのだから、結論としてVirginia Hallのように、フランスのレジスタンスに加担して、ナチの兵隊を多量に殺害した女性アメリカ人の連合国側スパイが、最低でもHall以外に1,2人はいたということになる。
Virginiaをモデルにしたのか、Murielをモデルにしたのか、他の誰かなのか。同じような女性スパイはひょっとしたらもっとたくさんいたのか。

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

古い映画から少しはなれて
現代の時点では
どれくらい明らかになっているか調べてみた。
結果こういうペイジを二つ発見した。過去に伏せられていた蓋は、今は堂々と開けられている。Virginia Hallを言わば開祖とする、女性スパイチームは米国ではもはや伝統となるまでに成長している。Osama Bin Ladenのありかを突き止めたのもVirginiaの息を引き継ぐ女性諜報員グループだったと記録されている。
10 Amazing Female Spies Who Brought Down The Nazis
female american spies in history

//////////////////////////////////////

Julia, 1977 - Trailer : You Tube

//////////////////////////////////////

追記:2015年12月23日
Special Agents: The Women of SOE
偶然見つけたので追加します。
これを読むと、強制収容所に送られたり
処刑されたりした女スパイも数人はいたようですね。
おそらく自由のためにと命を懸けたのでしょうから
やっぱり気の毒ですね、そう思います。

このところスパイの話ばっかり書いてきて
ふと思い出したスパイ事件があります。
昔記事にした、世にも不思議な奇奇怪怪の
ありえないようなスパイ事件です。
興味津々でお読みください。
これも映画になっています。そしてあくまでも
事実にのっとった話なんです。
女スパイの話なんですが
女スパイではないんです???

Monsieur Butterfly dies...

『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Les Marguerits Fleriront ce... | TOP | Julie and Julia (2009) »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。