Greetings from 上海

☆上海での出会い、美味しい物、中国茶、いろいろ思う事・備忘録です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新しいブログ

2009-12-31 | ご挨拶

 

 今年も本当に素敵な1年でした。
沢山の素晴らしい出会いがあり私の人生を豊かにしてくれました。
有難うございました!!

 帰国しせっかく学んだ中国茶と新たに始めた日本茶(表千家)に繋げてお茶関係&地元のカフェ情報などまじえたブログを記録中です。
良ろしければ遊びに来て下さい!! HPはこちら→「お茶はいったよッ♪

 来年も皆さまにとって素晴らしい一年となります様に!!  

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

謝謝 上海

2009-11-01 | ご挨拶

 
  上海から帰国してもう4ヶ月経ちました。
上海への想いがなかなか途絶えなくてブログも未練たらたらと綴ってしまったけどキリがないですね(苦笑)

上海に来て直ぐは文化の違いや人の礼儀の無さに色々不平ばかり言ってた気もします。 今では考えられないけど食品に対して不安一杯で積極的になれない時期もありました。
言葉の壁は一番大変で大学での半年間は先生がおっしゃってる事半分も分からず毎日深夜まで夫婦机を並べて勉強してました。 今では本当懐かしい限り ふふふ
赴任期間が最初から2年間と決まってたので駆け足で貪欲に体験して来たつもり。
そしてこのブログを書く為に更に色んな事に興味が持てた気がします。

帰国して友人に「何がそんなに楽しかったの?」って不思議がられるけど今となっては理解不能な礼儀・文化・人全てが面白かったのかも。
腹が立つ事ももちろん沢山あったけど今では全てが愛おしいです。  
私の中では上海は第二の故郷。

       最後の晩餐は浦東のクオモで外灘の夜景を焼き付けてきました。

たった2年前は欧米人で溢れてたこのエリアも今ではお金持ちな中国人でいっぱいです。 数年後の上海はまた違う顔を見せてくれるのでしょうね~。


 出発当日、主人の会社でも感謝の気持ち殆ど言葉に出来なかったし、空港では恥ずかしい程号泣しました。 
たった2年だったけど色んな事があり沢山の出会いに恵まれ走馬灯の様に想い出が駆け巡り・・・。 不思議と思い出すことってどれも良い事ばっかり(涙)


 
4ヶ月たって最近やっとおセンチも薄れて来ました(笑)
もちろん上海で触れた皆の優しさや暖かさは、ずっと残ってます。
こんなに楽しく貴重な体験が出来た事、本当に心から感謝しています。

友人には殆ど隠して書いていたこのブログも毎日沢山の方が見に来て下さって凄く励みになりました。 どうも有難うございました。 
またどこかでお会いできる事祈っております

多謝!再見! 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

周荘へ

2009-10-09 | 旅行 周荘

 元上司ご夫妻と「鳥鎮」に行ったのが羨ましかったのか?帰国前に「周荘に行こうよ--!」と張り切る夫。。。
正直水郷飽きてたんだけど・・・    お付き合いさせて頂きました/(~~;)
この日は炎天下

             
 
 しかも日曜日に行ったから人・人・人。(殆ど中国人) 
なので路を避けて船になんぞ乗ってみました。 1ボート60元(確か)。
人数多ければ当然割安です。 その為か丁度私達の前でチケット購入した中国人のおばちゃん達4名は私達2人を凝視して「一緒に乗らない?」光線出してました(笑)
静かな時間を過ごしたかった私は見ない振り~(爆)

水郷色々行った割には川くだり初体験! 
乗る前は川の淀みや色が気にもなってたけど乗ってみると風がとても心地よくって結構快適♪
それに「水郷もこれが最後かな~」と思うと何だかジワッと来る物もあったりして・・・。 
でも船頭のおばちゃんの「歌ってあげようか♪(有料)」の問いかけには中国語分からない振りしちゃった  /(^^;)ごめんねおばちゃん~

             

 さて、帰国前に色んな中国土産を買っていった友人達を微笑で送り出してた私
でもね「この気持ちスゴーーク分かるよ今なら!! フフフ」。
2年前なら有り得ない?けどラストスパートで色々買ってるものね~中国雑貨!?
今回は香木の木彫り!!

          

 観光名所でちょくちょく覗いてた木彫りのお店。
今ひとつ良いのがなくて購入に至らなかったんだけど、この笑顔が素敵な女性のお店に細工が綺麗な良い物がありました!!
              値切って値切ってお買い上げ~☆
それでも高かったけど、数ヶ月経った今でもちゃんと香りしま~す♪

          

 あんなに周荘へ行きたがってた夫も今回で水郷は満足した様子で私も安堵。 
帰りのバスでは爆睡し上海スタジアムに到着後、対面のHuatingホテルへ直行!
炎天下ウロウロしたのでビールが美味しいったら!! (同ホテル内の日本食レストラン「とり錦」にて)
ちなみにこのお店、お鍋が美味しいです。 クーラーがキンキンに効いてたので迷わずお鍋を頂きました!うぅ~日本の味☆にホッ

 5☆ホテル内の日本食レストラン、炎天下後のTシャツ&ジーンズ姿は如何かと?『中国だし、、、まぁ誰に会う訳でもないしねっ』っと超リラックスモードでいたら隣の席に同じマンションのご夫婦が・・・アチャー

 そう、実は日本に居る時より知り合いに会う確立高いのよねぇ~(汗)   

         


 おまけ
 周荘を廻っている時、夫が「あ”-----こんな所に安倍さん(元首相)が!」

              
                『安倍さん、総理辞職後こんなところで・・・』

 な訳ない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魯迅と文化名人街

2009-10-02 | Shanghai cruising

 魯迅公園→魯迅記念館→魯迅故居→多倫路(文化名人街)へ行って来ました。
精読の課がちょうど魯迅の作品で先生から「皆、もちろん魯迅記念館は行ったわよね!?」と言われ慌てて・・・(苦笑)
(前から行きたいとは思っていたんだけどね ホントに/(^^:)

 上海は空気悪いけど緑も多くて結構大きな公園が沢山あるんですよね。
この魯迅公園もその一つで、かなり大きく週末は庶民の憩いの場♪
大体どこの公園にも池があってアミューズメント化してるけど、ここでは大きなビニールボールに子供が入り中でグルグル廻ってました(写真上)。ちょっとビックリ(笑)
 大人達の過ごし方としては50人位が一斉にダンスしたりカラオケ歌ったりして楽しんだり
        路上にお習字したり・・・
            
       いつも思うけど皆さん達筆です(自信がある人しか書かないか!)
 
 そんな彼らに見とれて魯迅故居に行ったら閉館してました。 shock...早いよぉー!  
                        

 仕方ないので気を取り直して比較的直ぐの所に「多倫路・文化名人街」へ
まだ比較的新しい観光スポットらしく、あまり人の手が加わってないのが味わい深くてグー。  もともとここら辺のエリアは虹口と言われて日本人租界地とも呼ばれていたみたいです。

         
                        

              魯迅の足跡

(この他にも近代文学の名人達の足跡や銅像があったりして見つけるのに楽しい♪

  レトロな街の雰囲気に合わせてこんな風景も沢山見られました!
おそらくモデルさんは一般人 上海でも自分の写真集作ってもらうの流行ってます   
                     

 多倫路には骨董品や芸術品(本物か否かはご自分でご判断を!!)を扱う商店が並んでいたり結構飽きないです。是非行って見てくださいな♪
魯迅公園の中には勿論魯迅の銅像や無料で入れる記念館もありますよ☆

 多倫路へ行く最寄り駅は3号線「東宝興路」 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

軍服姿のwedding

2009-09-28 | life in Shanghai

  こんにちは シルバーウィークは如何お過ごしでしたか?
私は主人が9連休も取れてしまい(笑)「じゃぁヨーロッパに行こう!」と腰を上げた時には既に空席なく・・・。
 
 でもって北海道へ行ってきました♪ 個人的には食い倒れの北海道!p(^o^)q

北海道、中国人の方凄く多かったです。 聞こえてくるのは日本語よりむしろ中国語の方が多い気がしたほど。 個人ビザ解禁でここでも中国パワーを感ぜずにはいられませんでした。
今、中国では北海道旅行ブームなんですね! 
日本でも来春公開予定の北海道を舞台にした馮小剛監督の中国映画「非誠勿擾」が大ヒットした影響みたいです!
そんな北海道の様子はまた後日☆

さてそんな中国ももう直ぐ国慶節。 今年は建国60年とあってある地域では軍服姿で結婚写真を撮るカップルが増えてるらしいですよ。あり??
上海ではナイでしょうけど・・・
花嫁さんウェディング着なくても良いのかな???

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥鎮へドライブ

2009-09-18 | 旅行 鳥鎮

  上海から車で約2時間弱、水郷の鳥鎮へ行ってきました。
今回はバスではなく元上司の車で(運転手さん付き)楽々ドライブ☆
(因みに上海スタジアムから出ているバスで行っても楽々ですし入場料込みでお得です 120元位)

 水郷はいくつか行きましたが中国初心者の方にもここ鳥鎮オススメです☆
理由は鳥鎮は東柵と西柵に分かれていて最近(2007年)一般公開された西柵は衛生的で綺麗。それに見所満載なので飽きる事ないと思います。
西も東もそれぞれ古い街をそのまま生かしてあり当時の人達の暮らしぶり(現在もそのまま住人の方がいます)がそのまま伝わってきます。
西柵には街をそのまま生かしたお洒落なホテルもあって「是非次回はお泊りしたい♪」と思ったほど。 
綺麗に造られた感に抵抗を覚える方は東柵の方がオススメです。 と、両方楽しめる所も魅力的

見所としては藍染め工場が見学出来たり三百酒酒蔵があったり(試飲可能)!
            
               街の中ほどにあった舞台「桐郷花鼓戯」

よく見るとかなり年配の方が頑張ってらっしゃいましたよ☆ 昔は庶民の娯楽の野外劇場だったんでしょうね。 

           
             靴屋さんの直ぐ傍で靴修理の職人さん。
       上司の奥様かなり興味津々で藍染シューズをご覧になってました

そして鳥鎮は中国現代文学の作家・茅盾の出身地なんです。 写真撮り忘れましたが記念館も充実していました。

 私がとっても気になったのは「纏足館」
昔中国では足が小さい女性がとてもセクシーだとされてたので良家のお嬢様はワザと小さい靴を履かされ足の成長を止められてたんですよね。
この館にはそう言った歴史的背景が書かれた書物や写真の他、かなり沢山の可愛いーーーーーーー♪靴たちがディスプレイされてました。
纏足をしなければならなかった女性達は可哀そうだけど靴たちはかなりキュートでお洒落なものが沢山です 女子は特に是非必見

           
           靴底にも素敵な刺繍♪見えない所にもお洒落☆

 夜まで居れるなら水郷をライトアップしているようですよ(別料金)
充実してるだけあってユックリ廻りたかったらかなり時間が必要です
可能ならお泊りしてみて下さ~い!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

再会の星

2009-09-17 | 旅行 鳥鎮

 私事ですが、ある占いで「再会」の星生まれなんです。

だからなのか現・元問わず友人にバッタリよく会います。
特にご縁が強い方にはここぞと言う時にヒョコリ街で会うんです。
2年前、夫の上海赴任が決まった時も「色々不安がいっぱい。上海通のコバさんに連絡してみよかなー」と思っていたら街でひょっこり会ったり。
同窓会の幹事役になった時も準備期間の1年間に元同級生に街で何人にも出会ったり・・・。
スゴイのになると旅行先の海外のデパートでバッタリとかもあったりして♪  

でね、いつも見つけるのは私の方。
きっと歩きながらも私の目四方八方に泳いでるに違いないです /(@@^)

で、この特技?才能?ただの偶然? 上海でも遺憾なく発揮されました。
ある上海の経済情報誌に夫が取材されたので、めずらしく他の頁も読んでいたら前の会社の上司が!!
すかさず記事に載ってる会社へ電話。
上海では会長をされてるお偉い!?元上司。 私が個人名を名乗ったので秘書の女性に少し怪しまれた?気も(笑)

「いやぁ~めざといなぁーー」と言われつつも無事久々の再会果たせたのです♪

で、「来月妻が上海に遊びに来るのでアテンド頼む!」と言われ水郷の鳥鎮へ行って来ました つづく・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

岩茶&ドーナツ棒

2009-09-16 | 中国茶

 朝夕の風がヒンヤリして、何だか寂しい様な夏が恋しい・・・
なんて思ってたら本日汗ばむ程お天気!!
引越し時に出来た家具の傷修理に業者さんがいらしたので
かどの駄菓子屋の「黒糖・ドーナツ棒」のお供に冷たい岩茶を淹れました!  
この"ドーナツ棒"熊本で流行ってるらしいです 黒棒にも似てるかな? 比較的カリッと、中はしっとりとミスドのold fashionの触感と似てるかもp(^o^)mogumogu
あっあれだあれ 沖縄のサーターアンダーギー!!
なんとも後を引く美味しさです。
私には結構甘いのでちょっとパンチのある岩茶を選んでみました。
私の送別に詩吟で送り出してくれた(プロ級に吟じて頂きました)池さんに頂いた茶葉。
なので「岩茶」としか分からないのだけどスッキリとした味わいがマッチ♪ 自画自賛

 本日までに何度か来てもらってるこの業者さん、お忙しそうだけど毎度私にほぼ強制的に中国茶を飲まされてます。。。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

999結婚

2009-09-10 | 雑感・その他

 昨日ってぞろ目の日だったんですね。 全然気がつかなかった・・・。

中国では「
100年ぶりの吉日」と言うことで09年9月9日結婚ラッシュだったとか!?( 因みに去年は8年8月8日でオリンピック )
日本では「9」=苦労と同じ「く」と言う音なのでお祝い事はあまり好まれない数字ですが中国語で「9」はjiuと発音し永遠を意味する「久」と同じ音なのでオメデタイのです。

 吉日のこの日に結婚すれば夫婦が末永く幸せになれる。
「君を永遠に愛するよぉ~」と叫んでいる上海男性が目に浮かぶ様です!!

    昨日結婚された方、不変の愛をどうぞ貫いて下さいませぇ~

      追伸:写真は友人queenieが孫の様に 
         可愛がってるtaxiちゃん。
         可愛いから記事と全く関係ないけど載せてしまいました
             

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハゲタカ

2009-09-09 | 雑感・その他
 映画「ハゲタカ」が再映されていたので遅ればせながら観て来ました。

日本の大手自動車メーカーが巨大な中国系ファンドに買収されかけ激しいマネー戦争が繰り広げられる。 というのが大まかな内容ですが金融危機、派遣社員問題などリアルで何だか落ち着いて観てはいられない心情でした(汗)

 中国の成長ぶりは目に見える様で「上海4倍速」なんて言葉もあります。(あくまで上海の発展) そこに住んでいた私としては言葉は悪いですが「いつか日本がのっとられるかも・・・」との不安を抱く事もしばしばあります。
日本もそうだった様に焼け野原で夢と野心を持った者は強い筈。 中国はそういう意味でも脅威です。。。
さて日本、どうすれば良いのかしら!!!

映画の中で言ってました「日本人には勤勉さと誠実さがある」
お金の大切さやお金で幸せが買えるか否かを経験した日本なら今後何を大事にして行くべきなのか上手く選択していけるかもしれませんよね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上海で得た財産

2009-09-07 | life in Shanghai
 朝夕すっかり秋の風。
されど日中は30度上回る気温でとても秋の装いする気になれずサマーちっくなロングドレス来て街へ出掛け気恥ずかしくなった私です。

 『しまった ここは中国ではなかたアルヨ・・・。』 (しかも水玉模様だったし;)

先週上海から香港人の友人マーベル夫婦が遊びに来てくれました!!
夫婦4人で居酒屋行って(言語は:中国語と英語ミックス)盛り上がり楽しい一時♪
次回は私達が上海へ行く事を約束し笑顔でわかれました。
先月はウィルママ達も尋ねて来てくれたし!!
上海への転勤がなかったらまず逢えなかっただろう皆との出逢いは本当に宝物。 
これからも大事にしていきたいなぁ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交通大学へ戻った訳

2009-09-04 | 中国語

  「やっぱり本帰国かも・・・」という情報を得てからと言うもの残された時間をどう使おうか悩んでた。
元々赴任期間は2年と言われていたのでかなり駆け足で過ごしてきた上海生活。
    「あと半年で何がやりたいか?何がやれるか???」
多分、本帰国が決まった太太(奥様)なら皆さん色々考えて行動をし始めるでしょうね。
(ご主人様方はお仕事でそれどころではナイ ゴメンネ~太太ばかりエンジョイして♪笑)
お洋服のオーダー?お買い物?
日本に帰れば金額は高いけど買える。。。 
美味しい物めぐりも良いけど 「ここでしか出来ないもの・・・」

 で・・・私が選んだのは交大への復帰。
やっぱり中国にいるし出来るだけ多く現地の人とも触れ合いたい 
プライベートで約半年レッスンしてもらったけど若くて発音が綺麗でも交通大学の様にベテランの先生方とは全然違う。
数十年前の中国の現実や何と言っても文革時の実体験を生で聞けたりするのだから小説より奇なりなのです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大換血

2009-09-01 | 中国語

 秋めいた日が続きやっぱり食欲の秋@私です。

上海在中時には日本から本当に沢山の友人達が訪ねてきてくれました。有難う♪
2年の間になんとその数25名!!! (リピーターもいたりして・・・。)
日頃は粗食でもアテンドとなるとやはり本場中華料理へお連れし油摂取量が急激に増すわけですが帰国前に夫ママと実ママが(夫ママ2回目/実ママ3回目来上海)来てくれ毎昼・毎晩外食の日々。。。

   
  (鴨王。 北京では皮に包まず直接砂糖をダックにつけて食べる時もあるとか)

            
            恒悦軒:飲茶では私はココが総合点で最高かな~

 流石にこんな食生活が2年も続くと今年の健康診断でコレステロール値が上がってたりしますよ
血がドロドロかも 体質改善しなくてわ~

 改善と言えば日本もついに政権交代しました!!
因みに中国語で政権交代の事を「大換血」と言います。

血が換わって民主党が選挙前に掲げていたマニフェストをどれだけ実現出来るのか期待したい所です。
  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お茶の達人との友達の輪 

2009-08-27 | 中国茶

 でね(前頁の続き・・・) 久しぶりに会った小易がお茶好きの私の為にアレンジしてくれたお茶の達人との輪。

 実はその達人とは本業が書道家でその世界ではかなりの著名人なのだとか。
日本の皇室ともご縁がある様なお方。 ひぇ~!!
小易のお爺ちゃまが友人なので小易も小さい時から可愛がってもらってるとか。

写真はその達人が仕事場として構える場所。 
なのだけど何と私も何度も足を運んでいたあるお茶市場の最上階にあったのです。ビックリ!! (関係者以外立ち入り禁止・・・)

          
            ( 室内も広くとても美しいお部屋でした。)

書道家は70歳くらいのお爺ちゃま。 と言ってもとても若々しくフットワーク軽く。
国内国外問わず引っ張りだこでお忙しく、帰国前にお会い出来たのも小易のお陰。

 さて、そんな偉い先生に大変恐縮しつつも中国茶淹れて頂きました。
小易の友人と言う事でかなりVIP待遇して頂き、市場では絶対買えないお茶ばかりを何種類も! あぁ~至福の時。。。 お手前もお見事でした。
特にプーアール茶は数十年物を先生独自のお手前で淹れて頂き、最高に美味しかったし、今迄見た事ないその淹れ方がかなり勉強に!!

先生曰く「書も茶も同じ芸術なのだよ。そこに心を込めて作り上げるのジャよ」

そんな先生の周りには各界(政界から芸能界と幅広;)から人が集まる様でそんな方々との沢山の写真も見せてもらいつつ何と5時間もマッタリと長居させてもらいました。 私の写真も先生のアルバムの中に入れてくれるらしいです ふふふ
 
 因みに小易のお爺ちゃまって何者?との私の疑問に「将軍」との答え。
話をよく聞いてみると、どうやら軍部の相当偉~い方みたいです。 

 恐るべしは可愛い可愛い小易だった かも!!  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友達の輪

2009-08-26 | life in Shanghai

 交大の第一期に同窓だった韓国人の班ちゃんとその友人小易に久々再会! 
新天地でランチしたいとの事だったので鼎泰豊へ(ここだけは私何度来ても飽きないわぁ~)
 上海に来て間もない頃、あまり友人も未だいなくて街を俳諧してた私達夫婦。 
そんなある日田子坊でバッタリ会った班ちゃんと一緒にいた中国人の可愛い小姐が小易! 可愛いのなんのって、小動物の様です。
儒教を重んじる班ちゃんもずっと私を「姐姐~!」と慕ってくれて妹の様な存在で二人ともとってもキュート。

 班ちゃんはとっても社交家で会う度に新しい友人を連れて来てくれました。 お陰で友達の輪がどんどん広がり上海ライフも潤いました♪ 感謝感謝。
私も今月日本から上海に引越して来た友人を引き合わせちょっとお返し☆

ランチ後自宅に3人を呼んでお茶会開催! 中国茶の話で盛り上がってると小易が
 「そこまで中国茶にはまってるって知らなかった それなら素敵な人に会わせて上げる!!」 と後日お茶の達人と呼ばれる人に会わせてくれたのでした。

 その記事はまた次回・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加