威風堂々

威厳に満ち、堂堂たる態度で日本民族たるの矜持をもって国を教導すべし!

ちょん、在日の地方参政権獲得支持…世界韓人会長大会で決議文採択

2016-10-16 19:46:56 | 日記

【参政権】在日の地方参政権獲得支持…世界韓人会長大会で決議文採択[10/14]©2ch.net

1 :
2016/10/14(金) 09:26:50.28 ID:CAP_USER
■新しい韓日関係見すえ

【ソウル】2016世界韓人会長大会(主催・在外同胞財団)が4~7日、ソウル市内のホテルで開かれ、世界84カ国から400余人の会長らが出席した。

民団中央本部からは呉公太団長、呂健二議長、韓在銀監察委員長らと傘下団体の婦人会から朴善岳会長、
体育会の崔相英会長、青年会の朴裕植会長ら34人が参加し、懸案について討論した。

2日目に開かれた「世界韓人の日」記念式には、朴槿恵大統領が出席し、在外同胞センター建立に初めて言及した。

■朴槿恵大統領 在外同胞センターを建立

今年度の地域別討論の主題は、「新しい韓日関係構築のための在日同胞社会の役割」で、
自由討論に「創団70周年にちなんだ在日同胞社会の未来創造宣言」について話し合った。
7日の全体会議では「民団創設70周年を期して在日同胞の地方参政権獲得を支持する」との決議文が採択された。
17年度の次期大会の共同議長として呉公太団長と欧州韓人総連合会の南チャンギュ会長が選出された。

日程2日目の5日に開かれた「世界韓人の日」記念式で、朴槿恵大統領は祝辞を通じて
「在外同胞センターの建立など、皆さんの希望を実践していく」と明らかにした。政府の建立計画発表は初めて。

朴大統領はまた、「在外同胞の皆さんが海外各国で自立心と独立心を発揮し、数多くの成功ストーリーをつくっている。
学界、政界、経済界で活躍する皆さんを通して、大韓民国の経済、文化、領土が広がっている。国と国民を代表して感謝する」と述べた。

さらに、韓半島の平和と安定、統一の基盤づくりに参加するよう呼びかけ、
「北韓の核の脅威が消え、平和統一の扉が開けば、720万在外同胞と世界各国にとっても新たな幸せと繁栄のチャンスになる」と述べた。

朴大統領は式典で在外同胞社会の発展に寄与したとして選ばれた98人のうち、
婦人会中央本部の余玉善常任顧問ら5人と在ドイツ看護協会に勲章と表彰状を授与した。

5日の「世界韓人の日」は07年、700万人以上の在外同胞の存在とその貴重さを認識するとともに、 民族の誇りを維持するために、政府が国の記念日として指定したもの。

あわせて在外同胞社会と本国との交流強化を模索する「世界韓人会長大会」も開催している。


(2016.10.12 民団新聞)
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&;newsid=22462
 
なに勝手に決めてんだ?www
在日は本国に選挙権を持っているんだろ?2つの国で選挙権行使とかありえんやろ・・・日本国民でもないのに、そんなことしたら在日のやりたい放題ですやんwww
 
立派な選挙権がありますやんwwwそないにあちこちに権利をもろたら逆に大変でっせwww権利には義務もついてくることですしwww

2015年11月から、韓国第20代国会議員選挙の在外選挙人登録申請期間が始まります!

 韓国の国政選挙の在外投票が認められてから、今回2回目の国会議員選挙になります。韓国国籍を所持する日本在住者も、事前に登録すれば日本で投票できます。ぜひ登録しましょう。

  • 2015年11月15日~2016年 2月13日  在外選挙人登録申請/国外不在者申告期間
    ※韓国の公職選挙法が変わり、2012年12月の韓国大統領選挙時に在外選挙人登録をした者は、今回の国会議員選挙の事前登録は必要なくなりました。詳細は、 民団新聞の記事 をご覧ください。
  • 2016年 3月30日~ 4月 4日  在外投票期間
  • 2016年 4月13日  韓国国内投票日および開票日

 ⇒在外投票に関する詳細は、 韓国の中央選挙管理委員会のホームページ をご覧ください。
   登録されているかどうかの照会もホームページ上で可能です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【今日の今更】韓国与党代表... | トップ | 蓮舫、やっと台湾籍を離脱し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。