なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

自民党への反感があった?・・・何他人事みたいに言っているんだ!もしそのようなものがあるとすれば、石破よ、それはお前自身への批判だぜ!!

2017-07-06 18:35:44 | 日記

「自民への反感あった」と石破茂氏が安倍政権批判 「誰のほうを向いて仕事しているか」

自民党の石破茂前地方創生担当相
自民党の石破茂前地方創生担当相

 自民党の石破茂前地方創生担当相は6日、惨敗した東京都議選について「都議会の責任というより、自民党に対する反感みたいなものがあった」と安倍晋三政権を暗に批判した。その上で「要は誰のほうを向いて仕事しているのか、本当に国民、都民のほうを向いてやっているのかということだ」と述べた。

 2日の都議選投開票後、初めてとなる石破派会合で語った。

 石破氏は都議選で街宣車を走らせ、支持を呼びかけた際の有権者の反応について、今回の23議席に次いで少ない38議席だった平成21年都議選と比較し「あのときを摂氏0度とすれば、今回はマイナス20度。こっちを向いて1人も手を振らない、とても恐ろしい感じだった」と振り返った。

 さらに学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、後手に回った政府の対応を念頭に「立ち居振る舞いみたいなものに有権者はすごく敏感だ」と主張。「われわれは国民、都民のほうを向いて仕事していると思っているが、国民や都民はそう思っていない。でなければ、あんな結果(23議席)は起こらない」と述べた

 その上で来年12月までに次期衆院選が行われるとの見方を示し「今度負けたら、この国はどうなるのかという危機感を言っていかねばならない」と訴えた。安倍首相への批判や不満が出にくい党内の現状については「言うべきことを言うべきときに言うか、言わないか。『キジも鳴かずば撃たれまい』と言っていると、みんな一緒に運命をともにし、日本がつぶれてしまう」と苦言を呈した。

 

自民党への反感があった・・・なんていけしゃあしゃあとよくも言えたもんだわ!!

都議選の敗退はメディアの反安倍倒閣運動の誘導によるものだってわかっているじゃあないですか!

それを党内での己の勢力の伸張に利用するなんて言語道断だ!

情けない!政治家ってこれほどまでに汚い存在だったのか!改めて感じ入った!!

石破氏には己の政治信条に従って身命を賭す覚悟が無いのか!マスコミ左翼のいわれの無いバッシングの中、懸命に頑張ってきている戦友、安倍首相を思うと、仮にもそのような言葉は出てこない。

第一次内閣の時には健康を害し、無念な思いをしているからこそ、今の安倍首相には悲壮感さえ感じられる。  自民党への反感がもしあるとするならば、まるで洞ヶ峠を決め込んでいるかのような石破!!お前自身に対してのものである・・・と自覚せよ!   政策に通じるのもいいが、その前に人としての重みを研鑽すべきだろうねww

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公明・山口那津男代表、沖縄... | トップ | イエィ!これで対立軸が明確... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。