なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

今度は支那で大乱闘サッカーww  「私は決して選手たちを許さない」 ストイコビッチ監督が中国で勃発した50人大乱闘に怒り爆発

2017-06-20 10:33:42 | 日記

「私は決して選手たちを許さない」 ストイコビッチ監督が中国で勃発した50人大乱闘に怒り爆発

6/20(火) 8:10配信

Football ZONE web

ストイコビッチ監督が乱闘騒動に対し怒りを露わに【写真:Getty Images】

上海上港vs広州富力で大乱闘が勃発

 広州富力のドラガン・ストイコビッチ監督は、18日に行われた中国スーパーリーグの上海上港戦で勃発した大乱闘に対し、怒りを爆発させている。英メディア「メトロ」が報じている。

【上海上港】元チェルシー オスカルの乱闘シーン 広州富力戦

 事件が起きたのは前半アディショナルタイムだった。タッチライン際でボールを拾った上海上港MFオスカルが突然、相手選手に向かって全力でボールをぶち当てると、その跳ね返りを今度は反対方向にいた別の選手に渾身の力で蹴り当てるという暴挙に出た。

 これに激怒した広州富力の選手たちは、オスカルを突き飛ばすと、両チームの選手が入り乱れる騒動へと発展。同記事では、「元チェルシーのスターが中国で50人を巻き込む大乱闘を引き起こした」とレポートしている。

 また、かつて名古屋で選手と監督として活躍し、現在は広州富力の指揮官を務めているドラガン・ストイコビッチ監督のコメントも紹介。ピッチで暴れた自身の選手たちに怒りのメッセージを伝えている。

「私は決してスポーツマンシップに欠けた振る舞いをした、我々の選手たちを許さない。我々は対戦相手、観客、レフェリーを尊敬すべきだからだ」

オスカルに「正義は勝つ」

 一方でストイコビッチ監督は「正義は勝つ。皆、何が起きたのか目にしたはずだし、私自身も何が起きたのかはっきり確認している」と、一切お咎めのなかったオスカルに対し、今後の処分が検討されることを期待するようなコメントも残している。

 中国で起きた大乱闘は世界各国でも報道され始めているが、事が大きくなっていけば、騒動のきっかけとなったオスカルにも処分が下る方向に傾いていくかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

支那ちょんはともに擬似戦争とも言えるスポーツにフェアプレーを期待するのが大きな間違いだってwww

金に飽かせて寄せ集めた選手だしww・・・日本にもJリーグ開幕当初には盛りを過ぎてはいるが、大物選手がたくさん来てくれて、華麗なプレーを見せてくれていた。そこには選手もサポーターも未来の日本のサッカーに思いを馳せてリスペクトを持って迎え入れ、応援したもんだ!・・・今から思えば懐かしいw  ジーコはもちろん、ガンバのエムボマとか、とてつもなくすごい選手だって思っていたww

ピクシー、ドゥンガ、レオナルド、ブッフバルト、ビスマルク、リネカーもう、わくわくが止まらない。

そんな時代を知るものにとって有名選手が大挙やってくる、今の支那のサッカーはうらやましくて仕方ないのだが・・・悲しいかな、サッカー文化は支那にはそぐわないように見える。

支那に行く選手はその時点で純粋に応援する気持ちもなくなってしまうし・・・ビッグネームはこれ以上穢れの地、支那チョンには足を踏み入れてほしくない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍内閣、若者層に好感触ぅ... | トップ | 文科省から新たな文書・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事