インサイト(韓国語)

平昌(ピョンチャン)オリンピックのフランス放送解説者から出た「韓国専門家」発言が物議をかもしている。

平昌冬季五輪開幕式が開かれた9日、
ある解説者がフランス2TV開幕式中継で韓国文化に対する誤った解説をしたと数人のネチズンが主張した。ネチズンによると、解説者は中国選手団が入場するとき、「中国が日本と韓国のような野蛮人を文明化させました(La Chine a civilise les barbares comme le Japon et la Coree)」という説明を付け加えた。また、ハングルを紹介しながら「中国語を表記するために19世紀に作った」と発言したと主張した。

▼真ん中の人物がマーティン・フロスト教授
no title
 
論議に包まれた解説者は、パリ7大学で韓国学科長を歴任したマーティン・フロスト教授だった。彼女は1970年頃にソウル大で韓国語を勉強した後、パリで20年以上韓国語と韓国文化を教えた。韓国人と結婚したフロスト教授は、1992年から96年まで駐韓フランス大使館門庭観で仕事をし、丙寅洋擾の時フランスに奪われた外圭章閣(ウェキュジャンガク)儀軌の145年ぶりの返還に大きな役割を果たした人物だ。

ネチズンらはこのように韓国文化に造詣が深い専門学者が韓国で開催した行事で「文明化」という発言をしたことについて信じられないという反応だ。

論議が大きくなると、すぐに今回のオリンピックメダル授賞式でフランス語解説者を引き受けたフロスト教授の娘・オリビアが釈明に出た。彼女はSNSに「母は放送中、絶対に韓国を侮辱する発言をしていない」と明らかにした。「文明化」発言については「中国代表チームが入場する時に中国の漢字の意味を説明しながら、過去の中国が日本と韓国を東夷族と感じて文明化させようとした、ということを説明したものです」と説明した。むしろ母親が美しい韓国文化について紹介しようと努力した点を強調した。
 
米英仏と韓国ネガティブ評価の揃い踏みだねww
 
>韓国人と結婚したフロスト教授は、1992年から96年まで駐韓フランス大使館門庭観で仕事をし・・・
 
パリで20年以上韓国語と韓国文化を教えた学者でフランスにおける韓国学の権威の方のようですねwwどおりで、お詳しいwww   韓国に特別な思い込みのある人のようです・・・ただ、韓国の素顔を紹介するのが忍びなかったのでしょうか、日本も道連れに巻き込まれてしまいましたwwwこれも彼女のせめてもの韓国愛だったのでしょうw
  
おそらく7世紀か8世紀ころの隋や唐から学んでいたころのことを言っているのでしょうwwそのころの支那を否定するものではありませんし、学ぶに足る国家であったことは素直に認めなければならないでしょう。
まあ、その後の日本は歴史に語られているとおりです・・・。  一方、そのころと何も変わっていないチョンはよほど痛い腹を探られているようですww
 
今度は知韓派のフランス人の発言だけに妄言だぁーってファビョるわけにもいきませんか?www大笑い