なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

[平昌五輪]日本選手団「潔白を証明する」服用の薬物は月経前緊張症の症状緩和の効能ww盛る相手を間違えた?ww

2018-02-13 18:04:25 | 日記

[平昌五輪]日本選手団「潔白を証明する」 斎藤選手のドーピング陽性

2018/02/13 14:37

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手が競技前のドーピング検査で陽性反応を示した問題で、日本選手団は13日、記者会見を開き、「潔白を証明する」と述べた。

ドーピング検査で陽性反応を示した斎藤選手(右)=(聯合ニュース)
ドーピング検査で陽性反応を示した斎藤選手(右)=(聯合ニュース)

  斎藤は日本オリンピック委員会(JOC)などを通じ、「ドーピングを行おうと考えたことはこれまでに一度もありません。この薬(アセタゾラミド)を使用するメリットも動機も私にはありません」とするコメントを出した。

 日本選手団は斎藤の主張を尊重し、違反がなかったことを立証するため、できる限りの協力を惜しまないと話した。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)のアンチドーピング部門はこの日、斎藤が競技前のドーピング検査で陽性反応を示したとして、暫定の資格停止処分を決定したと発表した。斎藤は試合に出場しておらず、大会結果に影響はない。

 CASは大会後に最終的な裁定結果を出す。薬物使用が確定すれば、斎藤は冬季五輪で日本勢初のドーピング違反選手となる。

csi@yna.co.kr

WIKIによると、アセタゾラミドは利尿作用を持つが、主として緑内障の治療薬として用いる。また内耳で局所的にリンパ分泌を抑制するためメニエール病に用いられ、体内貯留水分の排泄や神経系に対する抑制作用による月経前緊張症の症状緩和効果や、脳内CO2濃度の局所的増大効果を利用してのてんかんの薬物治療の補助にも用いられている。そのほか、脳脊髄液の産生抑制を目的に水頭症の治療に使用される。

これだけ見ると、斎藤が月経前緊張症にかかるわけもなくww

メニエール病も若い女性特有のめまいを起こす病気だそうで斎藤が服用するような薬じゃないしwww

日本人の矜持もまたこのような不正を潔しとしない精神。

アジア大会の富田の件もチョンの罠に陥った犠牲者だ。

国力のすべてを傾けても潔白を証明されることを切に要望するものである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムンにいくら金を貰ったんだ... | トップ | よ~く考えてみたら、売春婆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事