なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

選挙展望  自民、単独過半数の勢い…衆院選・序盤情勢調査

2017-10-12 03:09:07 | 日記

自民、単独過半数の勢い…衆院選・序盤情勢調査

10/11(水) 23:06配信

読売新聞

 読売新聞社は22日投開票の衆院選について10、11の両日、全国の有権者を対象に世論調査を行い、全国の総支局などの取材を加味して序盤の情勢を探った。

 自民党は小選挙区選、比例選とも優勢に戦いを進め、単独で過半数(233)を大きく上回る勢いだ。希望の党は、公示前の57議席をわずかに超える程度で伸び悩んでいる。立憲民主党は躍進し、自民、希望両党に続く第3党の座をうかがっている。

 自民党(公示前勢力284)は、衆院の常任委員長ポストを独占し、各委員会で過半数を確保できる「絶対安定多数」(261)にも届く勢いをみせている。小選挙区選では140人超が優位に立ち、青森、富山、島根、山口の各県などで議席独占の可能性がある。比例選では60議席前後を固めつつある。野党候補の乱立に救われた面もあるようだ。

 公明党は、小選挙区選に立候補した9人の大部分が優勢で、比例選も堅調だ。自公両党で300議席をうかがう。

 希望は小選挙区に198人を擁立したが、優位に立っているのは7人のみ。衆院解散直後に合流した民進党の前議員がほとんどだ。党代表の小池百合子・東京都知事が地盤とする東京で伸び悩んでおり、比例選でも30議席台にとどまりそうな情勢だ。

 立憲民主は公認候補を擁立した63選挙区中、5選挙区で優位に立っている。比例選でも全ブロックで議席を獲得する見込み。公示前の15議席を大きく上回り、計40議席を超える公算が大きい。安倍首相に批判的な有権者の、新たな受け皿になっているとみられる。

 日本維新の会は、拠点とする大阪でさえ、優勢なのは1人にとどまる。比例選を合わせても公示前の14議席を維持できるかどうか微妙だ。前回の2014年衆院選で13議席増と躍進した共産党は苦戦している。立憲民主に「政権批判票」を奪われた格好で、公示前の21議席を下回る見通しだ。社民党は小選挙区で1人が優位に立っている。日本のこころは厳しい戦いを強いられている。

 今回の衆院選では、無所属で出馬した前議員が多いのが特徴だ。民進党による分裂を受け、小選挙区選に無所属で立候補した同党出身前議員21人のうち、11人は優位に立っている。

 調査は電話で実施し、有権者が在住する13万229世帯のうち、7万8285人から回答を得た(回答率60%)。小選挙区選で3割、比例選で2割の人が投票する候補者や政党を挙げておらず、情勢は終盤にかけて変わる可能性がある。

 衆院選には、小選挙区選(定数289)に936人、11ブロックの比例選(定数176)に244人の計1180人(重複立候補を除く)が立候補している。

 

自民党の圧勝の勢いのようだ。国民は馬鹿ではないし、今の野党には辟易だ。

希望の党とか言う新しい政党も民進党のリバーシブルの上着を裏返して着ているだけだってわかったし、腐った鰯みたいなもんで新鮮味の欠片も無い。

せめて政策でも革新的な何かがあればいいのだが、相も変らぬ「森友があー、加計があー」ってwww もううんざり・・・。

で、次に言い出したのはベーシック・インカムという究極のポピュリズムww  2009年の選挙の夢よ、もう一度・・・って淡い期待を抱いて言い出したんだろうが、具体的な財源を示して言わないと煮え湯を飲むのは国民とわかっていますw。

維新が苦戦しているようだ。選挙前の希望の党とのすみ分け協議が党としての立場をあいまいにしたのがダブスタなイメージとなって保守層の支持を失ったことになったのだろう。

かく言う、私も比例は維新と従前より決めていたが上記の理由で今回は投票を自民党の候補にしようと思っている。

五輪会場選定や築地の移転問題を見ても小池百合子はまとまりかけたものをぶち壊し、さも新しい何かを生むようなそぶりを見せるのだが、その実何も無い・・・今回の選挙もその体で踊らされた男どもの馬鹿っプリが・・・喜劇w

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池百合子の知られざる一面... | トップ | 金豚、マジな宣戦布告?  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。