なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

中米欧で大苦戦中の現代自動車…18日から合法スト可能で戦うぞぉ~!

2017-07-16 13:30:54 | 日記

 現代車労組がスト可決…18日から合法スト可能

2017年07月15日12時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

  現代自動車の労組が今年の賃金および団体協約交渉をめぐりストライキを可決した。今年もストをする場合、6年連続となる。

  労組は13、14日、全体組合員5万274人を対象にストライキをするかどうかを問う投票を行った結果、在籍人員の65.93%(3万3145人)が賛成したと14日、明らかにした。投票参加率は89.01%(4万4751人)。労組は中央労働委員会の調停期間が終わる18日から合法ストができる。

  労組は今年の賃金団体交渉で、賃金15万4883ウォン(約1万5400円、号俸昇級分除く)引き上げ、純利益30%(自社株含む)の成果給支給などを要求した。しかし合意にいたらず、労組は6日、賃金団体交渉の決裂を宣言した。

  同社の関係者は「経営状況が厳しい時期に労組がストを選択し、極めて遺憾」と述べた。
 
これはもう、現代自動車労組を何が何でも応援しないといけない世ねww
文在寅政権になって、労働者の権利が認められたわけだから、ここは一気呵成に行っちゃえ!!ってなもんよww
現代自動車の平均給与はたったの1060万です!残りは全部財閥の懐に入っています!新入社員の給与はたったの650万円弱だし!w
労働争議で妥協は敗北!まだまだ強烈なストライキをかまして金を毟り取らないと!ww
>  同社の関係者は「経営状況が厳しい時期に労組がストを選択し、極めて遺憾」と述べた。
えー感じやでww!  がんばれ!現代自動車労組!会社が潰れるまで頑張れ!!会社が潰れても頑張れ!!
日本から生温かく見つめていますww 

 参考資料

中央日報 latest news

韓国勢、世界3大自動車市場で苦戦…日本はシェア伸ばす

2017年07月07日06時22分
[ⓒ 中央日報日本語版]
 
  米国・中国・西欧の世界3大自動車市場で韓国勢のシェアが4年連続下落していることが分かった。

  6日、韓国メディアのKBS(韓国放送公社)などは、ことしに入り5月までの米国・中国・西欧など3大自動車市場における韓国車のシェアは5.8%を記録したと報じた。報道によると、これら市場で韓国車が占める比率は、2010年6.3%、2011年7.0%、2012年7.7%と順調に伸びた後、2013年7.5%と減少に転じて下落が始まった。2014年7.5%で横ばいを経た後、2015年7.2%、2016年7.1%に続きことし5.8%まで下落したのだ。

  なかでも、特に中国市場の不振が顕著だった。韓国車の中国シェアは2009年7.9%から2014年9.0%まで伸びたが、2015年7.9%に落ちた。特にことしは4.0%まで落ち込んだ状態だ。米国市場は2011年8.9%まで上昇して2014年7.9%に下落に転じた。昨年はそれでも8.1%まで反騰したものの、ことしは7.6%を記録して伸び悩んでいる。

  半面、日本勢は過去4年間、同じ3大自動車市場で成長した.日本車はことし西欧で前年比2.3%ポイント増となる14.8%のシェアで、米国車(14.0%)を初めて抜いた。中国では2015年15.5%、2016年15.6%、2017年17.4%のシェアを示して影響力を強めている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 負け惜しみ蓮舫が語る「京産... | トップ | いまや断交こそが国民が願う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。