なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

敗者、鹿島の場合

2017-06-02 03:37:03 | 日記

<サッカー>広州恒大の監督、日本や鹿島サポーターを絶賛=「感動した」―中国メディア

配信日時:2017年5月31日(水) 12時20分
 
広州恒大の監督、日本や鹿島サポーターを絶賛=「感動した」
 
31日、東方体育によると、サッカーAFCチャンピオンズリーグ決勝ラウンド1回戦で鹿島アントラーズを下して準々決勝進出を決めた広州恒大のスコラーリ監督が、日本や鹿島のサポーターを称賛するコメントを発した。写真はスコラーリ監督。
 
2017年5月31日、東方体育によると、サッカーAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝ラウンド1回戦で鹿島アントラーズを下して準々決勝進出を決めた広州恒大のスコラーリ監督が、日本や鹿島のサポーターを称賛するコメントを発した。

ホームでの第1戦で鹿島に1−0と勝利した広州恒大は、30日のアウェイでの第2戦で1−2と敗れるもアウェイゴール数で鹿島を上回り、準々決勝進出を決めた。

8強入りに上機嫌の同監督は、記者会見場を後にする前に自らマイクを取って「また日本に来ることができ、このような規則正しく秩序があり、礼儀もあり、しかも清潔な国を見ることができて非常にうれしい。勝ち進んだわれわれに、相手のサポーターがエールを送ってくれたことに感動した。私と家族は、以前、日本にいた時のことを忘れはしない」と日本や鹿島サポーターへの感謝と称賛を口にした。

同監督はかつてジュビロ磐田で指揮を執った経験があり、2002年には日韓W杯でブラジル代表を優勝に導くなど、日本とは少なからぬ縁を持つ名将だ。記事は「日本のクラブと対戦するたびに、日本に対する思いを語る機会をつくってきた。今大会グループリーグでの川崎フロンターレ戦でも、鹿島との第1戦でも、同様の感想を述べていた」などと伝えている。(翻訳・編集/川尻)
 
はっはっは・・・なんだよ、鹿島への賛辞ww同じ敗者でも朝鮮チームとえらい違いがあるもんだねww
鹿島サポーターの勝ち進んだ広州恒大へのエール!これが真のスポーツマンの姿だね・・・戦いが終われば互いの健闘を称えあう!実際この日の鹿島は健闘し、ゲームでは勝利したがアウェーでの得点差で涙を呑んだ。称えあうにふさわしい勝負だった。
 
記者会見でのスコラリ監督の鹿島への賛辞はリスペクトに溢れているようだ。勝負に負けても爽やかな気持ちにさせてくれるねww
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【あほ害務省】こころの山田... | トップ | 民進党は獣医師会には忖度す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。