MADPAPAのポンコツ写真館

PENTAX Kー3で飛騨の四季の風景を撮ってるブログです。
滝と空と雲と飛行機と鳥が大好きなオッサンです^^v

Q7凄し!

2017-03-21 20:21:33 | 写真

ペンタックスのミラーレス一眼「Q7ダブルズームキット」を友人から借りてることは、前回のブログにてご周知の通り。

 

私の手持ちカメラに「オリンパス STYLUS1」ってコンデジがありまして、センサーサイズが1/1.7と同じなんですよ!

オリンパスの「OM-Dシリーズ」なミラーレス一眼ライクな作り&操作系でして、価格的にも「Q7ダブルズームキット」と同等なカメラ。

そこで今夜は、その比較をしてみることに。

 

先ずはSTYLUS1の画。

なんだか野暮ったい感じですが、ISO感度が高めなのでご容赦を。

 

続いてQ7。

すっきり感が果てしない!!! 流石デジイチ!

 

おんなじような焦点距離で、同じ三脚に載せて、同じような設定で撮ってみましたが、違いは歴然と!

一枚じゃ何だからと何枚か撮り比べて見ましたが、何枚撮っても結果は同様・・・。

(どちらもRAW撮りで、同様の現像をしています。)

 

どちらもRAWからの現像です。

オリンパスの画像処理と、ペンタックスの画像処理の味付けの違いかとも思いますが、でもやはり、コンデジよりはデジイチのほうがノイズが乗っていない感じが歴然と致します。

ほぼ同じ位置から同等画角で撮っているのに違いがあるのも面白いですね。

私的な好みは、圧倒的にQ7なんですけれど、オリンパスの色合いは、時と場合によってはそれを上回りそうな感じも致します^^v

「デジイチ凄し!」と一言でくくるには、いささか早急な気も致しますし、シーンによって使い分ける「見分け方」を模索していくことになりそうです。

 

どちらの絵も嫌いではないです。

今後の写真の楽しみがまたひとつ増えたオッサンでした^^v

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新カメラ来る!!! | トップ | 新(追加)マウント候補。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (@たかやま)
2017-03-24 21:38:48
こんばんわ〜!
私はQ10を持っています。対カワセミ用で本体のみ。Q用レンズは持っていません。
純正Q-Kマウントアダプターで色々なレンズをつけて撮ってみました。
が、このアダプターはシャッター機構を持っていますが1/1000までしか対応していない為、超望遠の世界ではブレを抑える為にSSを稼ぐ事は無理。
そして超望遠の世界のピントの薄さと距離が離れた被写体の解像能力が低いので、ただデカく写るだけでした。
BORGの作例にあるようなカワセミは10m以内でないとまず無理でした。都会の人慣れしらカワセミなら兎も角、人慣れしない田舎のカワセミには全く通用しませんでした。
それと各操作の反応が遅い事や連写能力の低さも厳しいです。
Q7はQ10はセンサーが大きいので、スナップ等には良いと思います。

今日は丹生川の小八賀川でベニマシコを見ましたが、カワセミは見つからないです...。
Unknown (MADPAPA)
2017-03-25 18:10:29
@たかやまさん、こんばんは~♪
コメントを、ありがとうございます!

ペンタの「Q」は、「10」も「7」も面白いカメラですよね~♪
以前、知り合いが持ってた「Q10」に触らせてもらってから、「懐具合に余裕が出来たら欲しいな~!」って思っていました^^v

今回ひょんなことから「Q7」を長期で借りられるようになって、「Q-Kマウントアダプター」の購入も考えたのですが、「MFオンリー」「SS1/1000限界」「以外にお高い」の三重苦で、買うのを断念。
互換バッテリーとレンズフードの購入のみで、留めて置くことにしました^^v

見た目は「完璧なおもちゃ」ですけど、その姿に隠された能力たるや!
(めっちゃ弱そうなやつに喧嘩売ったら空手5段だったみたいな驚き!)

特に良いのが「06レンズ」。
35mm換算 70-200/f2.8な「大三元レンズっぽい」のが凄い!
実際の写りも馬鹿に出来ないできでして、K-3に付けてる「SIGMA17-50/f2.8」の画を凌駕している感がハンパなし!

色乗りも良いですし、仰るようにスナップ最高~!なキットです!

ベニマシコ。
羨ましいですね~!
私的には数年前に出会ったきり・・・。
この時期だったら「カワセミ」よりも出会いたい野鳥です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL