基本的にはヴァンガードや遊戯王などのカードゲーム、そしてマクロスシリーズについての記事がメインとなります。(予定w)
戦闘なんて下らねえぜ、俺とデッキを組め~~!! by熱気バサラ(笑)



読者の皆様おはようございます、こんにちは、こんばんはm(_ _)m

今日は前の記事で告知したとおり、禁止制限の予想をしていきたいと思います。

といっても、偏見や独断が入るので、過信はしないでくださいwww

という訳で、まずはリストから

<禁止>
特に無し

<制限>
甲虫装機 ダンセル
E-エマージェンシーコール
ミラクル・フュージョン
リビングデッドの呼び声
血の代償(準制限→制限)
カード・ガンナー(準制限→制限)

<準制限>
聖刻龍-トフェニドラゴン

<緩和>
剣闘獣ベストロウリィ(制限→準制限)
スケープ・ゴート(制限→準制限)


という感じです、次に理由を書いていきます。

まず禁止になるカードは無いと予想しましたが、理由は、制限・準制限カードを禁止にすると、ぶっぱをひっくり返せないため、死者蘇生や大嵐はそのままと予想しました。


次に制限カード。
「甲虫装機 ダンセル」は皆様言わずもしれた鬼畜蟲野郎ですwww

「E-エマージェンシーコール」と「ミラクル・フュージョン」ですが、最近環境TOPになりつつある、アライブHEROを規制するためです。個人的には「E・HERO エアーマン」を禁止、「E・HERO バブルマン」を制限にしてもいいのですが、どちらも他の種類のデッキを潰す可能性や、単体性能を考えるとそれは無いと考えました。

「リビングデッドの呼び声」は前回規制解除になりましたが、結局リアニメイトカードは強い、何の規制もかけない方が大変、ということが現環境で分かったので、再び規制するべきと考えました。

「血の代償」は、安定感のあるガジェを規制するために前回準制限となりましたが、結局それ以外のモンスターを並べる手段も多いため、結果、安定感は以前にも劣らず、むしろ増した気分でもありますwwwという訳で、規制。

「カード・ガンナー」は蟲はもちろん、墓地を利用するデッキには殆ど入ってしまうカードです。また、破壊時のドロー効果もあり、アドバンテージを失わず相手の様子を伺い、かつ墓地も肥やせるので、単体性能は非常に高いです。という訳で、再び制限に。


準制限カードですが、「聖刻龍-トフェニドラゴン」は聖刻はもちろん、聖刻リチュアやカオスドラゴン、帝にも入る汎用性の高さから、準制限にしました。

最後に規制緩和カード。
「剣闘獣ベストロウリィ」ですが、現環境、殆ど見ません。それに、特に大きな大会等でも結果も残せていません。また新弾「ABYSS RISING」のカード「禁じられた聖衣」が相性抜群な上、KONAMI的にもパックを売って行きたいと思うはずなので、緩和予想です。また、「剣闘獣ガイザレス」が出やすくなると言う危惧もありますが、現環境、「エフェクト・ヴェーラー」が横行しているので、大丈夫ではないでしょうか?まあ、通ると強いことには変わりないですが(~_~;)

「スケープ・ゴート」は以前、「突然変異」と「サウザンド・アイズ・サクリファイス」のコンボで使用されていたため、その規制の際にまとめて規制されました。現在でもシンクロ素材にしようすることは出来ますが、現在は他の方法が多数あるため、トークンに頼らずとも、容易にシンクロ召喚が行えるようになっています。また、「スケープ・ゴート」単体で出来ることが、その場凌ぎだけなので、準制限にしても全く問題ないと思い、規制緩和予想。エクシーズ素材にも使用できないので、ないことは無いと思います。


と、長々となってしまいましたが、これにて予想は以上です、
何か意見や感想等有りましたらコメント頂けるとありがたいですm(_ _)m

それではこれにて、また後日、なお、次の記事はまだ未定ですwww

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 大会に行って... 夏休みだー!! »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。