何か良い事…Something good

一口馬主生活の喜怒哀楽

早期始動?! ~ルーカス&スーブレット~

2017-04-21 21:28:31 | 一口馬主
月曜日にシルク2歳馬の情報が更新されました。
めっちゃ沢山いる中で、既に入厩したヴィグラスファイアや、
NFしがらきに移動済みのセドゥラマジーに続く早期始動馬は誰かな?と
見ていますと、ルーカススーブレットが「移動」を仄めかしておりますね。


ルーカス(父:スクリーンヒーロー)



在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、
残りの日は周回コースでハロン22~23秒のキャンター2,250m

担当者「調教を再開後は順調に乗り込めていたことから、現在はハロンペースを上げ、
速い日は15秒まで脚を伸ばしています。日に日に動きに力強さが増し、
馬体も兄のモーリスに引けを取らない好馬体になってきました。
先日、堀調教師が状態を確認され、近いうちに美浦トレセンに入厩させる方向で話し合いました。
このまま移動に備えて体調面を整えていきたいと思います」馬体重484kg


モーリスに引けを取らない好馬体…。
もちろん、リップサービスとはわかっちゃいますが、嬉しいですね。
恐らく、入厩してもゲート試験目標で秋まで放牧かと思います。
兄のモーリスも秋の京都でデビューしていますし、ルーカスも秋の府中で見れたら嬉しいですね。



スーブレット(父:ゴールドアリュール)



在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、
週3回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も特に問題なく、同様の調教メニューで乗り込んでいますが、
調教では相変わらずパワフルな動きを見せています。
少し怖がりの面があり、調教ではキックバックを嫌がるところがありましたが、
意識的にチップを被せるようにしてきたことで、それも少しずつ改善されてきています。
一言で言って本当にいい馬で、早い時期からの活躍が期待できるでしょう。
石坂調教師に状態を確認してもらい、4月24日発でノーザンファームしがらきへ移動することになりました」


「早い時期からの活躍」って嬉しいんですけれど、この仔は完全にダート。
2歳戦は秋にならないとダートの番組がほとんどないので、
変に芝を使うよりはじっくりダートの番組の充実に合わせて欲しいですね。




この2頭は上がどちらもGI馬。
偉大な兄達の背中を追って、少しでも近づけるように頑張って欲しいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネオリアリズム 香港へ向け... | トップ | 土曜日の出走(結果・レッド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。