何か良い事…Something good

一口馬主生活の喜怒哀楽

今年の目標の総括

2016-12-31 17:05:16 | 総括と展望
年頭に立てた「まっく厩舎」の目標ですが、
それを達成できたかどうか振り返りたいと思います。



まずは年頭の目標はこちら

http://blog.goo.ne.jp/macris828/e/8e4e8c1d187a5387cab8eaf3fa9889aa


1.年間80勝 → 不達成(結果・68勝)
 去年の目標が60勝で結果が77勝でした。
 目標設定の時点で、「難しいけど、攻めよう」と思ったのですが、
 やはり年間80勝は難しかったです。
 出走数が去年より激減した(610走→522走)のも響いた感じです。


2.重賞制覇の継続 → 達成(5勝)
 ◆アルバートドック(小倉大賞典(GIII)・七夕賞(GIII))
 ◆ゼーヴィント(ラジオNIKKEI賞(GIII))
 ◆ネオリアリズム(札幌記念(GII))
 ◆ヴゼットジョリー(新潟2歳S(GIII))
 去年の2勝から5勝とジャンプアップしましたが、GI制覇がなかったのが残念です。
 来年こそは是非とも!!ですね。


3.3歳クラシック出走(牡馬・牝馬) → 達成 
 ◆桜花賞(レッドアヴァンセ・7着)
 ◆皐月賞(リスペクトアース・17着)
 ◆オークス(レッドアヴァンセ・7着、ロッテンマイヤー・13着)
 ◆ダービー(出走なし)
 ◆秋華賞(レッドアヴァンセ・5着)
 ◆菊花賞(出走なし)
 今年は牝馬はレッドアヴァンセが3冠に皆勤賞で7着・7着・5着と頑張りました。
 が、牡馬はリスペクトアースの皐月賞・17着のみ。
 来年は牡馬がもう少し、頑張ってくれると嬉しいですね。


4.掲示板率50%超え → 不達成(結果・48.5%)
 去年、クリアできず悔しかったこの目標ですが、残念ながら今年も「不達成」でした。
 出走数が増えれば、惨敗も増えるものでなかなか難しいとは思いますけど、来年は「達成」したいな~。


5.愛馬の出走皆勤賞&年間600走 → 不達成(結果・年間522走)
 2歳馬も沢山いるのに、出走数が激減(去年610走から522走)したのは誤算でした。
 怪我等で長期離脱を余儀なくされる愛馬が続出したためでしょうか?
 来年も目標はもう少し、現実に則した数字に設定しようと思います。(苦笑)
 
 
6.OP馬・準OP馬の数を30頭に増やす → 達成(31頭)
  OP馬・18頭(グレープブランデーアーデント(引退)、アロヒラニ(障害OP)、ラストインパクト
       レッドオーヴァル(引退)、ケイティープライドレッドリヴェール(引退)、ステファノス
       ネオリアリズムスナッチマインドアルバートドックモンドインテロゼーヴィント
       アストラエンブレムレッドラウダストロングタイタンレプランシュヴゼットジョリー
  準OP・13頭(ジェラルドインプロヴァイズ(引退)、レッドルーラーレイズアスピリットサザナミ
       レッドライジェルモルジアナリスペクトアーステラノヴァレッドアヴァンセ
       ロッテンマイヤークードラパンアルジャンテ
 引退馬を入れてギリギリ達成ですが、何とか達成できました。


7.獲得賞金13億超え&1走平均獲得賞金200万円以上 → 達成
 獲得賞金:16億6590.8万円(内、地方賞金303.8万円)
 1走当たりの平均獲得賞金(総獲得賞金÷全522走)=約318万円
 これは目標設定をどこら辺に設定するか、毎年悩むところなのですが、
 獲得賞金は目標を大きく上回ることが出来ましたし、
 来年は1走当たりの獲得賞金をもう少し引き上げても良いかも。
 この目標に関しては、もう少し攻めて設定したいと思います。


8.GI制覇 → 不達成
 今年のGIでの成績は3着が最高着順でした。
 ◆ラストインパクト・ドバイシーマクラシック・3着
 ◆ステファノス・天皇賞(秋)&香港カップ・3着
 ◆ネオリアリズム・マイルチャンピオンシップ・3着
 来年はGI制覇、出来たら良いな~。
 


年頭に掲げた目標8個中、4個達成。
今年は目標を攻めて設定したので、この結果もやむなしです。
達成できなかった目標の内、掲示板率50%確保とGI制覇は来年も課題としたいと思います。
あとの2つの目標は、現実に則した数字設定を考えます。

それから、裏目標の「桜花賞出走」が達成できたのは嬉しかったです。


今晩、今年最後の更新は毎年恒例のまっく厩舎の活躍馬の表彰 AWARD of 2016 の発表です!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年の総括・クラブ別編 | トップ | AWARD of 2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

総括と展望」カテゴリの最新記事