何か良い事…Something good

一口馬主生活の喜怒哀楽

愛馬紹介 ~エポカブラヴァの16~

2017-08-10 22:41:13 | 募集馬ドラフト
東サラドラフトで残る1頭は最優先申込み馬、エポカブラヴァの16です。


<最優先申込>

エポカブラヴァの16(父:ディープブリランテ)



(写真は募集時のもの)

2月19日生まれ 募集総額:1800万円
栗東:平田修厩舎 予定

測尺(募集時・7月)
体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
 156.0   177.5    21.5   478


今回の募集馬の中で一番良く見えましたので、素直に最優先で申し込みました。
なので、「当選」していて、ビックリしましたし、メチャメチャ嬉しかったです。
くじ運悪い筈の私が、社台のドラフトに続いて第1希望をゲット!!
もしかしたらキャロットは1頭も取れないかもしれませんw(苦笑)

3歳上の半兄、レッドゲルニカは父がカジノドライヴで、預託厩舎が藤澤厩舎。
私の中で藤澤厩舎は「芝に拘る」イメージがあり、馬自体は良く見えましたが、
どう見てもダート適性のゲルニカに出資することが出来ませんでした。
その兄は、芝に拘ることなく、ダートで順調に素質を開花、4歳で4勝をあげ、活躍中。
この先、OPでも楽しみな存在ですよね?

本来、この母はダート系種牡馬との相性が良いようで、レッドゲルニカの外にも
スワーヴカイザー(父:ネオユニヴァース)がダートで3勝をあげています。
なので、父がディープブリランテに変わってどうか?と言うのは少し不安です。
ディープインパクト産駒の半姉2頭も、中途半端な成績になってますし…。
ですが、1番仔、2番仔と、ディープインパクトを配合されているところを見ると、
この母は繁殖として期待されていたことがわかります。

ディープインパクトで結果が出なかった繁殖がディープブリランテで結果を出す、
そんなことが起きる可能性もあると思います。

預託先は母を預かった平田厩舎。
サンデーのドラフトで同じディープブリランテ産駒のワンダーレディアンエルを
第3希望にしましたが、その預託先も同じ厩舎。
あちらは第1希望が取れた関係(1頭希望)で縁がなかったですが、
2頭で切磋琢磨して頑張ってくれれば嬉しいですね~。

動画を見るととても柔らかい動きを見せていますが、本質はダートかもしれません。
芝でも、ダートでも、頑張って走ってくれればそれで良いです。

お仲間さんがいらっしゃいましたら、ヨロシクお願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週の出走(速報版) | トップ | お仲間さん写真館 ~8月6... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。