Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

血まみれOK

2017-04-20 00:10:00 | コラム
格闘技に関して、マニアの生態・言動というものは10年前と比べて「ほぼ」変化がない。

16日、横浜アリーナで総合格闘技MMAの興行『RIZIN』が開催され、そのもようはフジテレビで19時から放送された。

翌日、視聴率が発表され、芳しくなかったことからネット上で「戦犯探し」が始まる。

(1)ヘビー級が充実していない、軽量級を楽しめるのはファンだけ

(2)実力差があり過ぎるカードが多い

(3)フジの編集が悪い

頷けるところがないでもないが、あれ、この展開ってどこかで見たような・・・。

そう、PRIDE末期/DREAM末期のころと「まったく同じ」なのである。


ネットに書き込んでいるものの共通点は、真のファンであるということくらい。
(自分も、そんなひとりだよ)

きっとみんな、職場や学校で一緒に盛り上がってくれる仲間が居ないのだろう、
15~20年前の熱狂を体感してしまっているからタチが悪く? あのころをもういちど! と願うオッサンが多いはずで。

ただ、真のファンであっても、意見を異にする大きな案件がひとつあって。

それが、いわゆるジョシカクである。

今回、主催もフジも「女子」をメインに位置づけている。

大晦日の視聴率で結果を残したRENAを目立たせるのは当然といえば当然、だからポスターでも「完全に主役」であった。



しかし今回、RENAやジョシカク選手たちをメインにした編集スタイルで結果を出せなかった。
(男子の試合のほとんどが大幅カット)

たったいちどの興行で「やっぱり女子はダメだ」といい切ってしまうのには異を唱えたいが、
それ以上に驚いたのが、流血や顔の腫れなどを観慣れているファンたちが「女子にかぎっては、顔面の攻撃を禁止にしたほうがいい」といい始めていること。


女子って、そんなにヤワじゃない。

悪いけど、観ている男のほうが、ハート弱いんじゃね? と思った。


いや、いいたいことは分かるよ。

いまはキレイなファイターも多いし、そういう子たちの顔面崩壊シーンを観たくない、お茶の間にしたって、そういうのを楽しめるような悪趣味な家庭は少ないだろうっていう考え。

でもRENAのMMA初挑戦の相手、イリアーナ・ヴァレンティーノのことばを思い出してほしい。


「格闘技は理解されにくい。でも、あたしたちはこれに一生を賭けると決めたから」


本人たちよりも、ファンのほうが覚悟が出来ていないと思うんだ。


※倒れなかったロンダは、えらいよ




…………………………………………

明日のコラムは・・・

『にっぽん女優列伝(9)麻生祐未』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シネマしりとり「薀蓄篇」(... | トップ | にっぽん女優列伝(9)麻生祐未 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久々の格闘技放送 (夢見)
2017-04-20 09:40:48
ミーハー的な事を言えば 好みのタイプのいい男がいればー
熱も入る

顔が整っているとかではなくてーその人の生きざまってことで

でもって その辺の宣伝があればいいのにって 思うわけです

新番組が始まる時には色々な宣伝がなされるけれど

昔と違って出る選手があんまり一般的には知られておりません
ひいきになりようも応援のしようもないわけで

選手一口メモみたいなお知らせをミニ番組やコーナーでちょっと紹介あればーと思うのでした

名前と顔が一致して そしてこういう選手なのー

え?日本のことが好きな選手なの

アニメ好きなんだ

苦労して頑張ってきたんだ~~~とか

そんな情報がちょい案内あれば ファンになる入り口としてもいいのになーって

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む