Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

「うますぎる」という矛盾

2017-06-20 00:10:00 | コラム
某日―。

河瀬直美の新作映画『光』の試写会に潜入する。

監督本人がいっているように、前作『あん』(2015)から「取っつき難さ=難解さ」が和らぎ、それでいて表現に対する熱い思いが感じられる佳作に仕上がっていた。

試写会場の前列に座っていたのは知り合いの予告編ディレクターで、そういえば『あん』の試写会のときも前列に座っていた。

そのとき彼が発したことばは、たしか「樹木希林が、イヤミなくらいに巧いね。巧過ぎる」だった。

同意だが、これほど矛盾したことばもない。

前にもいったことがあると思う、なんだろう「演技派女優」って、、、と。

プロである以上、演技が達者であることは大前提で、
たとえば「演技の下手さを若さでカバーした」という評しかたは有効だが、
巧いことで他者の下手さが際立つっていう評しかたは、実際どうなんだろうと思ったりして。

そこできょうは、「巧過ぎる」と評され「がちな」名優たち5人をリストアップしてみよう。

大好きなデ・ニーロは、ここには含まれない。

巧いことは疑いようがないが、好きだからこそ許される評しかたをすれば、その巧さは「デ・ニーロ・アプローチ」としての巧さであり、演技の巧さとは別なのではないか、、、と思うから。


(1)満島ひかり



若手のなかではダントツでしょう。


(2)森雅之



三船は、このひとに「勢い」で立ち向かった笑


(3)ショーン・ペン



プライベートでは丸くなったかもしれないが、演技はキレッキレのままだ。


(4)ゲイリー・オールドマン



強烈キャラから、地味キャラまで変幻自在。


(5)ジュリアン・ムーア



「ほとんどメリル・ストリープ」というひとも居るが、このひとには、メリルに欠けていたエロスがある。



※6人目、7人目はこのふたり




…………………………………………

明日のコラムは・・・

『初体験 リッジモント・ハイ(225)』
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目にしみたい | トップ | 初体験 リッジモント・ハイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む