Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

目にしみたい

2017-06-19 00:10:00 | コラム
【喫煙の内訳】

~24時間ひきこもってモノを書いている場合~

20本未満(1箱を超えないように計算して吸っている)

~仕事などで外出している場合~

喫煙室で、1日10本まで(2日で1箱の計算をしている)

~呑み会に参加した場合~

お開きまでに、40本未満


・・・という感じ。


呑み会で楽しくなると、どうしたって本数が増えてしまう。

その代わり―これは酒もそうなのだが、翌日、翌々日で調整をかける。


ギャラがまとまって振り込まれるのは主に月末、大抵はその日のうちにコンビニで「2カートンと、5箱」を買う。

これが翌月の煙草の「限度数」であり、これで間に合うよう調整していくと。


さて。
愛煙家ゆえ、スモーカーの友人が多い。

面白いなぁと思うのは、アイコス利用者が「ほぼゼロ」だということ。

あれだけ売れた売れた、流行っているといわれているのに、どうしたわけか。




新しいものが好きなスモーカーの友人に聞いてみると、

「興味はあるけど、最初に揃えなきゃいけないものがあるし。ふつうの煙草なら、ライターだけで済むでしょう」

女子にも聞いてみよう。

「そのうち慣れるっていうけど、いま、この煙草に慣れているし」

なーるほど。

ヘソマガリな愛煙家の周りには、ヘソマガリが集まってくるということかもしれない笑


自分?

アイコスの売りのひとつは「煙が出ない」ということらしいが、自分、あの煙が好きなのよ。

煙が目にしみたい。

っていう、しょーもない煙草愛が根っこにあるので、アイコスが出たときも興味さえ抱けなかった。


もちろん「煙を煙たがっている」嫌煙家が多いのは知っている、
だから吸うのは家がメインであるし、路上は当然のこと、吸ってはいけないとされているところでは「隠れても」吸っていない。


「アイコスなら、いいよ」という非喫煙者も多い―とも聞くが、いやいやだから、煙がポイントなわけでね。


ゆえに。
どれだけ少数になろうが、「煙の出る煙草の愛煙家」でありつづけるだろうな、、、と思っている。


※ひかるちゃんも歌っていたのか~




…………………………………………

明日のコラムは・・・

『「うますぎる」という矛盾』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん女優列伝(17)杏 | トップ | 「うますぎる」という矛盾 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紫煙たなびく夕紛れ (夢見)
2017-06-19 20:08:50
指に残りしニコチンの匂い
これぞ大人の男って

ニコチンの匂いも知らない人間が増えていくのでしょうね

うん
未來がつまらなく思えてきましたf(^^;
こんばんわ~!(^^)! (ゆみ)
2017-06-19 21:54:09
我が家も昔は私だけ抜かしてあとの4人はスパスパ吸っていましたからタバコの匂いは嫌いじゃなかったけどいまは嫁に行った娘だけはすっているけど他の家族はやめました。
このあいだ久しぶりにファミレスのいったら席が無かったので喫煙の席に着いたらタバコの匂いが嫌でしたが話に夢中になり匂いになれてしまいました。
わたしも男性がタバコ吸っている姿は好きです。

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事