Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

にっぽん女優列伝(10)安達祐実

2017-04-22 00:10:00 | コラム
81年9月14日生まれ・35歳。
東京出身。

公式プロフィール


「最近、シースルー着たり、『上から81・59・80です』と聞かれてもないのに答えたり、女としての自分をアピールしていっている」

尊敬する松尾スズキがそう書いたことがあるので、安達祐実(あだち・ゆみ)さんがいつスリーサイズを告白したのか調べましたが、分かりませんでした。

でもたしかに、20歳前後あたりから急に「おんな」を出してきたなぁ、、、と思います。



と同時にママまでも目立ってきたのは想定外でしたが笑、

子役として優等生に過ぎると、その成長過程で葛藤が生まれるのでしょう。

その気持ちも、なんとなくは分かりますが、小さいころからの活躍を知っていて、なおかつ童顔ですからね、受け手のほうがその準備が出来ていないというか。

10代後半から巨乳化していったドリュー・バリモアとかであれば、エロス路線へのシフトチェンジも自然なのですけれどね。





<経歴>

実母はタレントの安達有里、



元夫はスピードワゴンのハンバーグ師匠・笑。



スピードワゴンのネタは「それほど…」ですし、相方のキャラクター性にも飽きてきましたが、なぜか師匠のキャラクター設定だけは大好きで、いつ観ても笑ってしまいます。


1歳にも満たぬころから子育て雑誌のモデルを務めていたため、芸能界の同期というとウッチャンナンチャンになるのだそうです。

映画俳優デビュー作は、93年の『REX 恐竜物語』。

しかし公開直後、監督の角川春樹がコカイン密輸の容疑で逮捕されてしまい、映画は打ち切りに。

モノスゴつまらない作品でしたが、祐実ちゃんは気の毒でした。

翌年、日本テレビのドラマ『家なき子』が高視聴率(最高で37.2%)を記録し人気子役となる。

中島みゆきによる主題歌『空と君のあいだに』も印象に残りますね。

同年に映画版も公開され、キャリアは順調のように思われましたが・・・

この年の暮れ、日本テレビに郵送された「安達祐実」宛の郵便物が爆発、3人が怪我を負う事件が起こりました。

未だ犯人の分からぬ未解決事件であり、角川監督の件といい、祐実ちゃんは本人が起こした問題ではないことで躓くことの多い不運なひとでもあるなぁと。


『お墓がない!』(98)、『LOFT ロフト』(2006)、『幼獣マメシバ』(2009)。

映画の世界では結果を残しているとはいい難い祐実ちゃんが、賭けに出た作品が2014年の『花宵道中』。

頑張っていると思います、友近も含めて。
でも俳優陣ではなく監督に「若干の」迷いが見られ、つまらなくはないのだけれど惜しいな・・・という創りになってしまっています。

そのほかの作品に、『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』(2015)や『王妃の館』(2015)など。

最新作は、来月公開の『TOKYO DECIBELS』。


「その路線」でいくのであれば応援しますし、頑張ってほしいですけど、もう立派なママですから、それはないかな。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

3連続でいきます、
『にっぽん女優列伝(11)天海祐希』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん女優列伝(9)麻生祐未 | トップ | にっぽん女優列伝(11)天... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同情するなら金をくれ (夢見)
2017-04-22 10:56:49
演技力もあると思うし テレビドラマでは犯人役でこわいような表情も見せる

ただ可愛いだけの役は演じたくないのかなーと思う時もあります

若く見える母親役とか等身大の役柄を無理せず演技できればいいなと思います

もっと自然に力を抜いて ごく普通の人間の役を

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む