Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

にっぽん女優列伝(11)天海祐希

2017-04-23 00:10:00 | コラム
67年8月8日生まれ・49歳。
東京出身。

公式サイト

「理想の上司」を有名人から選ぶアンケートなどで、必ず上位にくる天海祐希(あまみ・ゆうき)さん、
同性からの支持が多いということでしょうか、それは納得ですし、自分も格好いいひとだなぁと思います。

自分が選ぶとなると・・・

ランバラル
高田延彦
姜尚中

・・・になります。(ひとり、二次元キャラが居ますけれど)


天海さんが映画の世界にやってきたのは90年代の後半、その宣伝のされかたは「鳴り物入り」ぽかったのですが、宝塚の世界に関して知識を持たない自分は、そんなにすごいひとなのか、、、と思ったものでした。

どちらかというとテレビドラマで代表作を持つ天海さん、敢えて映画の代表作を挙げるとするならば、たぶん誰も選ばないであろう『黒の天使vol.2』(99)を挙げます。



監督の石井隆が「やや迷走」していた時期に撮られた作品。
ではありますが、天海さん格好よかったし、雨の描写などに石井節が感じられて、ファンであれば楽しめる映画なんじゃないかと。

※少なくともvol.1(=主演・葉月里緒奈)より、ぜんぜんいいかな





<経歴>

身長170cm超、元宝塚歌劇団の月組トップスター。

85年、宝塚音楽学校に首席で入学。

へー!
学校に入学した時点で首席とかあるのかオドロキ!!

87年、第73期生として宝塚歌劇団に入団する。
同期に、姿月あさとなど。
(あ、このひとの名前は知っている!笑)

28歳で退団・・・ここまでのキャリアは、詳しいひとに聞いてくださいね汗汗


映画俳優デビュー作は、96年の『クリスマス黙示録』。
日米合作のサスペンスでしたが、はっきりいって、物語はぜんぜん覚えていません。

芥川龍之介の『藪の中』を新たな解釈で映画化した『MISTY』(97)、
『必殺! 三味線屋・勇次』(99)、『残侠』(99)、
『狗神』(2001)、『連弾』(2001)、『柔らかな頬』(2001)、
紫式部役を吉永小百合、清少納言を森光子、光源氏を天海さんが演じた大作『千年の恋 ひかる源氏物語』(2001)、
『突入せよ! あさま山荘事件』(2002)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)、『いぬのえいが』(2005)、『バッテリー』(2007)、『サウスバウンド』(2007)、『ザ・マジックアワー』(2008)、『ゼラチンシルバーLOVE』(2009)、『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』(2009)、『アマルフィ 女神の報酬』(2009)、『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009)。

このようにコンスタントに映画出演をつづけてはいますが、これがベスト! というのは、なかなか。

前述したようにテレビドラマでは当たり役をものにしており、とくに2005年の『女王の教室』(日本テレビ)は評価が高いですよね。


最近作は、『清須会議』(2013)、『恋妻家宮本』(2017)、そして現在公開中の『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(2017)。


『羊たちの沈黙』(91)のクラリス(ジョディ・フォスター)みたいなキャラクター、絶対に似合うと思うんです。

ああいう映画が、出来ればいいですよね。


次回のにっぽん女優列伝は、綾瀬はるかさんから。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『ふるちんで階段』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん女優列伝(10)安... | トップ | ふるちんで階段 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舞台も面白いです (夢見)
2017-04-23 11:52:14
女海賊で王女様を演じたのなんて 今でも宝塚でトップはれる!って思いましたもの

トップ就任までが早くて今でもそのスピードは破られておりません

「ミーアンドマイガール」では真琴つばささんが男役ながらこの舞台では女性のジャクリーン役で 天海祐希さん演じる遺産相続人であるビルを誘惑する場面があり ビルの恋人サリーと口喧嘩する場面があります
その時にアクシデントでジャクリーンは電話を壊して それがビルに当たり舞台にもちらばりますがー
アドリブで天海祐希さんが「ああ バラバラ こんなの見たことない おばちゃん(マリア)に怒られる~~~」とか色々言いながら散らばった電話の残骸を拾い集めます

そして何事もなかったように舞台は続けられて
舞台をはけるジャクリーンに喧嘩の続きとしてのアドリブ台詞でサリーが「怪力女」とジャクリーンに言い 舞台から消えたジャクリーンはサリーに「鳥ガラごぼう!」と返します

お客様大爆笑の場面なのですが
この後 ビルが「怪力より鳥ガラのほうがいい」というような慰めにはならない言葉を言うのも笑いを誘います

「ミーアンドマイガール」は宝塚では再演も多い人気作品の一つですがー
天海さんと真琴さんのこの時の舞台は伝説の一つになっており 現在でも検索をかけると動画を観ることができます

天海祐希さん 容姿が崩れないーそこも凄いなーと思う女優さん
大好きです!

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事