Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

voice

2016-09-18 00:10:00 | コラム
8年ぶりくらいに電話で話したひとから、声を褒められた。

曰く「やさしくて、ちょっぴり渋い」

褒められることといったら、地顔である笑顔と、絶妙で誰も傷つけないエロトーク(ほんとうか?)くらいなので、ひじょうにうれしい。

渋いのかな? と思ったが、そういえばだいぶ昔、テレクラに行ったときも「声がいい」と女子にいわれた。

で、実際に会った際、「声はいい」といい直された。

「声がいい」と「声はいい」、一文字違いなのに、なんか残酷だぜ!!


基本、声は高いほう。

そして、ふだんの話し声はでかい。

たかくて、でかいと。

カラオケでは(頑張れば)マイク要らず、ひそひそ話は難しく、混雑する居酒屋で注文する際には重宝されると。(最近は、タッチパネル注文が増えたけど!)

体型などは変えられても声は(基本的には)変えられない、持って生まれたものだからこそ、褒められるとうれしいものだね。


さて、映画のなかの「声」といえば・・・

まず想起するのは、『フィールド・オブ・ドリームス』(89)の天の声。

たとえ明確なビジョンがあったとしても、トウモロコシ畑を野球場に変えてしまうのだから、レイ・キンセラはクレイジーだな!!


きのうのコラムのつづきみたいになるが・・・

スコセッシとリンチの映画から、特徴的な声をひとつずつ。


『最後の誘惑』(88)…クライマックスちかく、イエスが「騙されそうになる」悪魔の声。




『ロスト・ハイウェイ』(97)…インターホンから聞こえてくる、謎の男の声による、謎のことば「ディック・ロラントは死んだ」。




映画は光と影、つまり視覚の芸術だけど、達者な監督は聴覚への刺激も仕掛けてくる。

だからこそ映画鑑賞は、精神的にも身体的にも万全の状態で臨みたいものですね。


※好きな歌声で選べば、このひとは、かなり上位にくるかな…あれ! この曲の歌詞って、和田夏十(市川崑夫人)だったか!!




…………………………………………

明日のコラムは・・・

『シネマしりとり「薀蓄篇」(181)』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« seven | トップ | シネマしりとり「薀蓄篇」(... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
演じていない外国の俳優さんの声 (夢見)
2016-09-18 10:43:24
先日クイズ番組でマット・ディモンさんが自分が想う日本のヒーローについて話しておられて
ああ これが「素」の声なんだーって新鮮な驚きを覚えました


上條恒彦さん「木枯し紋次郎」の歌だわ♪
なんて懐かしい^^
こんばんわ~!(^^)! (ゆみ)
2016-09-18 20:56:45
どこかで だれかが・・・・なつかし思いで聞きました♪
木枯らし紋次郎・・・大好きで毎週欠かさず見ていましたが最後の方はむなしいさがじ~んと襲ってきていつの間にか見るのやめてしまいました~(--

声が良いとほめられるのはうれしいですね。
私はガラ声で電話で話と特にひどくなるらしく風邪ひいたの?ってよく言われました。もちろん高い声が出ずカラオケで歌うときは低くしてもらいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む