Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

にっぽん女優列伝(31)市川由衣

2017-10-19 08:35:58 | コラム
86年2月10日生まれ・31歳。
東京出身。

公式サイト


劇場を埋めた観客の、独特な雰囲気―それを、市川由衣(いちかわ・ゆい)さんが熱演する映画、『海を感じる時』(2014)で感じました。

もちろん映画が好きであることは大前提なのですが、それだけではない、なんというか「クセの強さ」を感じさせるという。

それが、女優の「初脱ぎ」映画であったからでしょう。



そのなかに「当然」自分も入っているわけですが、同じ雰囲気は、小島聖の初脱ぎ映画『完全なる飼育』(99)、星野真里の初脱ぎ映画『さよならみどりちゃん』(2005)でも感じました。

いつもいっていることですが、そういう側面に期待する映画があってもいいと思います。
そのほうが健全、
もちろん脱げばいいってものではない・・・というのも正解で、たとえば京野ことみも頑張って(北野映画で)脱ぎましたが、武が迷走していた時期なので、はっきりいえば「脱ぎ損」だったと思います。


市川さんは、どうだったか。

そんなことばはありませんが、「脱ぎ得」でした。

監督が細心の注意を払って、身体を美しく捉えていた気がしますし、
共演した 池松壮亮の魅力にも助けられましたしね。




<経歴>

旦那は、演出家の戸次重幸。
中学のころの同級生に、柳原可奈子が居るそうです。


10代前半のころから読者モデルとして活躍、
99年にナムコ主催のオーディションでグランプリを取る。

自分は女優さんとしてよりもまず、グラビアアイドルとして市川さんを知りました。

また、映画の3倍ちかくテレビドラマのキャリアがありますが、そっちには明るくないので例によって割愛。
ただひとつだけ、きっちり観ていたわけではありませんが、なんとなく覚えているのは反町隆史が主演した『ホットマン』(2003、TBS)くらいですかね。


映画俳優デビュー作は、2003年の『呪怨』。
同年に「素早く」制作された続編にも出演、

『ゼブラーマン』(2004)、『about love アバウト・ラブ/関於愛』(2005)、『スクールデイズ』(2005)、
人気ゲームを映画化した『サイレン』(2006)で初主演を果たすも、こけおどし演出を含め誰も褒めなかった失敗作に。

長澤まさみの水着姿だけ価値があると評された『ラフ ROUGH』(2006)、
宮﨑あおいが演じたキャラクターを引き継いだ『NANA2』(2006)などなど、本人のやる気とは反比例した低評価作品がつづきます。

正直、自分もこのころは「由衣ちゃん可愛いけど、映画には向かないのかもな…」と思っていました。

それでもめげずに、映画キャリアを築きつづけます。

『音符と昆布』(2008)、『映画 クロサギ』(2008)、『ひゃくはち』(2008)、『罪とか罰とか』(2009)、『初夜と蓮根』(2013)、『TOKYO TRIBE』(2014)、

そして、『海を感じる時』に主演。

これまで成功作というものに恵まれていなかった点からいって、まさに起死回生の作品だったかと。

中沢けいが10代のころに発表した同名小説の映画化。
すでに市川さんは20代後半でしたが、やや童顔だからか、違和感なく女子高生を演じることが出来ました。


この熱演が功を奏し、本年公開の『愚行録』(2017)と『アリーキャット』(2017)も興行面はともかく批評面では悪くない評価を受けています。

劇場を埋めた「クセの強い観客たち」は市川さんをずっと推していくでしょうし、映画女優として、これからもっと化ける気がしますね。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『にっぽん女優列伝(32)市原悦子』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレッシャーは好きだ。 | トップ | にっぽん女優列伝(32)市... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「サイレン」から10年以上 (夢見)
2017-10-19 10:18:34
経つのですね
ドラマでの役柄も少しずつ変わってきました

時代物も似合う女優さん
どういう役柄と巡り合うかで 女優としての評価も変わってくるのではと思います
いい役柄に巡り合えますように

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事