Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

シネマしりとり「薀蓄篇」(204)

2017-04-19 00:10:00 | コラム
すくーるば「す」→「す」し(寿司)

ガキのころ、家族で食べにいった寿司屋が一軒。

来月の帰省時に姉夫婦と久し振りに食べに行くことになったのだが、当時は庶民的だったのに、大将が引退すると息子さんが経営方針を一新、ランクアップを図って予算も「それなりに」用意しないと入れない完全予約制の店になった。

こう書くと批判的に読めるかもしれないが、いやいや、行くのが楽しみでねぇ。

お金は、ちょいと心配だけど汗汗


自分の好きな寿司ネタは・・・

(1)サーモン

(2)ぶり

(3)アナゴ


イメージで「大トロでしょ?」といわれるが、まぁ嫌いじゃないけれど、一貫ニ貫で充分かな。

あと関係ないが、いつからこんなに「炙りなんとか」が流行り、有難がられるようになったのでしょう?

ピンとこないのだけれどね、個人的には。

それより食い物ではないけれど、キャラクター「寿司こびと」をお薦めしておきたい。

かわいいよね。




年に数回は寿司を喰うが、その8割は宅配系。

きまって「銀のさら」。
馬鹿舌なので、ある一定の水準を超えると、味がどうこうというのは分からない―だから、周囲の評判がいいところを選んだ結果である。

外食は、ほぼ「くら寿司」。
質より量ってことで。

最寄りの「くら寿司」、土日はずぅっと混んでいる。

駐車場のガードマンを3人雇うくらいだもの、昔は「小僧寿し」のひとり勝ちだったのにねぇ。

そんな「小僧寿し」という店名は、志賀直哉の短編小説『小僧の神様』が由来となっている。

自分が読んだのは、中学2年生のころだったと記憶する。

番頭たちから聞いた鮨屋に行ってみたい小僧の物語。
当時、芥川龍之介にハマっていた自分は、同じころに『芋粥』を読んでいて、正直、こっちの物語のほうが好きだった。

「芋粥を好きなだけ喰ってみたい!」という夢を抱く主人公だが、実際に芋粥を食べると、すぐにお腹いっぱいになり「もう、いいや」と思ってしまうオチが、いまでいう「あるある」であったから。


で、寿司と映画の関係を。

トップ画像は、QTタランティーノによる『キル・ビル』のVol.1(2003)。

ブライド(ユマ・サーマン)が探す、伝説の刀鍛冶・服部半蔵(千葉真一)が沖縄で営んでいる「不味い」寿司屋。

ここでの会話は映画全体のカラーを壊していると思うのだが、いいのだQTが撮りたかったシーンなのだから。


トマトだってひとを襲うのだから、寿司だって―という発想で創られたのが、『デッド寿司』(2013)。




ふざけた映画といえばそれまでだが、監督の井口昇はひたすらこの手の映画を手がけており、その徹底ぶりは称賛に価する。


マーク・ハミル、千葉真一、そしてあの『ネバーエンディング・ストーリー』(84)のノア・ハザウェイまで担ぎ出した? 珍作は『SUSHI GIRL』(2012)。



今世紀にあって「未だ」女体盛りが出てくるのには ??? だが、ただ寝ていただけの彼女が重要な存在となっていく後半の展開は面白かった。


もっと真摯に? 寿司と向き合ったのが、米人監督によるドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』(2011)。

銀座「すきやばし次郎」の店主・小野二郎の日常に肉薄、「きょうは寿司を食べるぞ」という日に、その直前に鑑賞するのが最も効果的であろう一作になっている。


次回のしりとりは・・・
す「し」→「し」ーそー。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『血まみれOK』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シネマしりとり「薀蓄篇」(... | トップ | 血まみれOK »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネタが大きな回転寿司店があって (夢見)
2017-04-19 09:35:36
別にお化け寿司が開店した時に行って 
うん いつも行く前からある回転寿司店の方がネタが大きいーと(笑)

でも近所の普通のお寿司屋さんのお寿司も好きだったりする
小ぶりだけど上品で食べやすいし


お寿司 天麩羅
日本の憧れられる食文化ですかしらん
こんばんわ~(*^。^*) (ゆみ)
2017-04-19 20:37:28
お寿司大好き~といっても我が家は「すしろう」1本です。
回らないお寿司何年も食べていないなぁ~(‘‘?

キャラクター「寿司こびと」かわいい・・・けど大人向き?
私は妹に進められて「ふちこ」さんを少しですが持っています。

来月の帰省時は楽しみですね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む