Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

にっぽん女優列伝(32)市原悦子

2017-10-20 00:10:00 | コラム
36年1月24日生まれ・81歳。
千葉出身。

公式プロフィール


ウチのかーちゃんと同名という、ただそれだけの理由で個人的好感度も20%UPな市原悦子(いちはら・えつこ)さんは、
今年初め、自己免疫性脊髄炎であることから休業を発表しました。

実際にそのドラマを観たことがないひとまで「なんとなく」知っている、『家政婦は見た!』のシリーズ(83~・テレビ朝日)、
そして、『まんが日本昔ばなし』(75~94・TBS)の「声のひと」として有名ですが、
映画キャリアは少ないものの、なかなかのビッグインパクトを残す作品にも出演しています。

それが、『青春の殺人者』(76)と『黒い雨』(89)です。



とくに前者の、「やや」狂った母親役は強烈でした。




<経歴>

旦那は、舞台演出家の塩見哲。

大学卒業後、俳優座養成所に。
同期には、ジェームス三木や大山のぶ代が居たそうです。


映画俳優デビュー作は、57年の『女殺油地獄』。

基本的に主役を張ることはないですが、助演者として作品の骨格作りに貢献することが多いひとです。

『雪国』(57)、『駅前旅館』(58)、
『五瓣の椿』(64)、『霧の旗』(65)、『悪名桜』(66)、『他人の顔』(66)、『燃えつきた地図』(68)、『風林火山』(69)。

『黒の斜面』(71)、『喜劇 女売出します』(72)、『遺書 白い少女』(75)。

活躍の場が広がるのは、やはり『まんが日本昔ばなし』が始まってからでした。

76年、『青春の殺人者』に出演。

中上健次の短編小説『蛇淫』を拡大解釈した物語ですが、理由が判然としないまま両親を殺す水谷豊、その恋人を演じる原田美枝子の演技が鮮烈で、初めて観たのが高校2年生だったものだから、映像を追っていくだけで眩暈がする思いでした。

前述したように、市原さんは少しだけ狂った、というか病んだ母親を熱演しています。


『金閣寺』(76)、『八つ墓村』(77)、『日本の首領』(77)、『はだしのゲン』(77)、『幸福』(81)、

そして「声」が次第に評判となり、
『ふるさと』(83)や『高瀬舟』(88)のナレーションを担当しました。


89年、『黒い雨』に出演。
矢須子(田中好子)の叔母・閑間シゲ子(内へ、内へ。とこもるキャラクター)を見事に演じました。




以降も・・・
『一杯のかけそば』(92)のナレーション、
『うなぎ』(97)、『蕨野行』(2003)、『バルトの楽園』(2006)、
そして最近では『あん』(2015)などで元気な姿を見せてくれましたが、2000年代以降はテレビの仕事のほうが多かったですね。


また、あの独特の「間」と「声」に痺れたいですね。

早く、元気になりますように。。。


次回のにっぽん女優列伝は、一色紗英さんから。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『ICYA-ICYA』
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加