補聴器のハットリBlog

耳ときどきお酒

Titanium 3D printing

2017-04-19 16:28:32 | 日記
補聴器もついにここまで来たか!

iPhoneと直接つながる補聴器を各メーカーが話題にしてますが

私個人としては、あまり興味がありません。

やはり、補聴器本体の進化の方が望ましいと考えるわけです。

補聴器のシェル(殻)の製作の究極ではないでしょうか!?

Titanium 3D printing- New breakthrough manufacturing technology for Phonak custom hearing aid shells


ちなみに、日本では未だ発売されていません。

チタンシェルも驚きですが

まさか、チタンが3Dプリンターで加工できるとは!

アメリカやイギリスのサイトを見ると

片耳20万~30万程度の様子ですが

日本で発売されるときは、40~50万位でしょうか?

早く、実物を見てみたいです。

補聴器のハットリ
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 提灯 | トップ | 痛い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL