まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

待ちづくり

2016年10月15日 | Weblog

これを自腹で!

『町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト』
以下、アマゾンの紹介部分を転載。

「駅前の空き地が 広場と図書館に!? ...
人口3万人の小さな町が生まれ変わった。
補助金に、頼らないーー
公民連携によるまちづくりの全貌。

高齢化・過疎化・財政難に直面する岩手県紫波町(しわちょう)は、
今や県内第2位の地価上昇率を記録し、駅前エリアには年間
90万人以上が訪れる。従来の行政主導でも、大手企業に頼る
開発でもない、行政と民間が連携して進めるまちづくりとは
どのように実現したのか。その10年間の軌跡を追う。
魅力ある町には人が集まり、幸せがつながるーー

価値のある町を、ここに住んでよかったと思える町を、つくる。」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 補助金 | トップ | 広報誌 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む