まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

日本人女性

2016年12月28日 | Weblog

なんともだが

『フランス留学生不明 なぜ日本人女性ばかり狙われるのか?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2016年12月28日 9時26分

筑波大からフランス東部の町、ブザンソンの大学に留学中だった黒崎愛海さん(21)が、行方不明になっている事件。捜査当局が行方を追っている重要参考人の男は20代前半の外国人留学生で、すでに欧州圏外に逃亡しているという。

「2人は黒崎さんが9月に渡仏する前、まだ日本にいる頃にSNSを通じて知り合ったようで、男は数回、日本へ渡航歴があります。2人は現地でよく一緒に行動していて、黒崎さんが最後に目撃された夜も大学近くのレストランで食事をして一緒に寮に戻っている。その後、深夜に黒崎さんの部屋の付近から彼女の叫び声が聞こえたと複数の寮生が証言しています。部屋に血痕はなく、男はいったん、電車でフランスから出国し、飛行機で高飛びしている。段取りの良さから、当局は計画的な監禁ではないかとみて捜査を進めています」(現地メディア関係者)

今月上旬にはブザンソンの隣の県で、複数の刺し傷がある20代女性の遺体が発見されている。男はこの遺体遺棄事件にも関わった疑いが持たれている。

ただ、解せないのは仏捜査当局がすでに容疑者を特定し、国際刑事警察機構を通じて加盟各国に捜査協力を呼びかけているというのに、氏名はおろか国籍まで公表していないという点だ。

「昨年のパリ同時多発テロ事件の際も犯人の名前と写真を公開したように、通常、隠すようなことはしません。ところが今回は『捜査の都合上』の一点張りです。容疑者が逃亡したり、捜査に支障をきたす恐れがあるという判断のようですが、なぜ名前と国籍を公表すると捜査に支障が出るのか判然としません」(前出の現地メディア関係者)

今年9月にはカナダのバンクーバーで、短期語学留学中の30歳女性が白人男に殺害されたばかり。なぜこうも日本人女性ばかり狙われるのか。フランスに10年以上の滞在経験がある関西の私立大教授が、「一般論ですが」と前置きしてこう言う。

「(黒崎さんの)留学先のフランシュ・コンテ大付属の応用語学センターは外国人向けの語学講座があり、日本人に限らず、留学生が多いところです。仲間同士、フレンドリーというイメージがありますが、そう思っているのは日本人だけ。大半の留学生は語学を習得することが目的ですから、誰かに食事に誘われてもそうそう行ったりしないし、もっと警戒します。異性と2人で食事に行くことは『付き合ってもいい』という意思表示なので普通は断る。以前から外国人に誘われ、何のためらいもなくついていく日本人留学生が多かったので、危なっかしいなぁ、と心配していた。今回の事件で恐れが現実になったと思いました」』

※警戒心がない。声をかければホイホイついてくる。海外では日本人女性はこう思われている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防災アリーナ | トップ | 市民音楽祭 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事