まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

イルミネーション

2017年01月25日 | Weblog

自治体におんぶにだっこではなく

『地域に活気を 茨城新聞

区民館庭のイルミネーションと飾り付けに関わった行政区の3人=牛久市南区民館庭のイルミネーションと飾り付けに関わった行政区の3人=牛久市南
牛久市南の緑ケ丘行政区(斎田文彦区長)は、各家庭で使わなくなった電球を集め、イルミネーションとして再利用し、区民館の庭を飾っている。家や庭木に電飾を施す家庭が減る中、地域を活気づけようと、住民が4年前から毎年実施。今年も31日まで地域の拠点を輝かせている。

同行政区内の団地一帯は、40〜50年ほど前にできた。斎田区長によると、バブル前後のころは家の外壁や庭木などをイルミネーションで飾り付ける家も多かったが、子どもが成長し独立すると、徐々に減っていった。

そんな中、行政区の柏戸房夫さん(69)が「子どもが寂しい思いをしないように、何かできることはないか」と4年前にイルミネーションで区民館を飾ることを発案。「家に眠っているイルミネーションはないか」と区内で電球を募ったところ、有志からの寄付も含め発光ダイオード(LED)電球を中心に約5千球が集まった。

電球を使って形を作るイルミネーションのデザインは柏戸さんが考え、副区長の藤掛敏雄さん(70)が配線を手掛ける。区民館敷地内の傾斜地を使い、幅30メートル、縦10メートルにわたり、木やモニュメントに電球を飾り付け、さまざまな色が点滅するようにした。1カ月をかけて毎年、新しいデザインのイルミネーションを飾っている。

藤掛さんは「自分が小さいころ、ライトアップしている家なんてなかった。そのころの憧れ、夢が気持ちの中にある」と手間もいとわない。

ライトアップは午後4時半〜同9時。』

※自分たちで。これこそが「市民力」、で、それはここにはない!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大課税 | トップ | つくり話 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事