まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

文部科学大臣賞

2017年01月17日 | Weblog

『優良公民館』ということで文部科学大臣賞を受賞。

私は県に提出した時点で、それをとれることはわかっていたのだが、市(教育委員会)は「まさか?」ということで、教育委員会では受賞前は「とれたら担当が」ということだったのが、いざ、とったあとは「担当ではカッコ悪い。館長が行くべきだ!」ということになり、受賞内容(活動)の時期にはいなかった(そのあとに人事異動で館長に)館長が文部科学省へ賞状と盾をもらいに。
ですが、そこでは、内容をきかれても何も分からないわけで「なんだかなーっ?」で、ですが、これが自治体のやり方なのだ。
で、今も賞状と盾(画像)は公民館の受付窓口のところに飾ってありますが、現在の職員はその内容を聴かれてもまったく分からずで、その上に視察に来た人たちには適当なことを。これも「なんだかなーっ?」なだな。

そして、昭和30年代にも実は神栖町公民館で受賞しているが、その時の賞状も楯もどこにあるかわからないと。これはとんでもないこと。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表敬訪問 | トップ | 小田原市 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事