まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

視察 その2

2017年03月15日 | Weblog

「ネット」ではなく「本」でもなく「現場」、これが大事。
自分の足で自分の目で、自分の口で確認する。で、それは表面だけでなく、内面まで。

また、何かをそのまま真似するのではなく、その本質をに見抜くこと、で、その上で理解し、そして使うことのできる部分があったらアレンジして使う。
で、そうするために現場へ。時間を作って行くべき。

また、上っ面の視察(特に公費での視察)なんてものには、なんの意味もない。

で、そこで聴くことのできる情報はいいことだらけで、視察に行くのなら、事前通告などもせず、自腹でそこに行って、そこに暮らしている人たちの声を直に聞く。これこそが「生きた情報」。そして、それは「視察」では得ることができないもの。

「生きた情報」を自分で確認。そこが大事で、で、それを放棄してはいけない!。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視察 | トップ | イベント »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事