まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

監査委員 その3

2017年10月11日 | Weblog

「罷免」

『監査委員の罷免』
・普通地方公共団体の長は、以下の場合に、議会の常任委員会又は特別委員会において公聴会を開催した上で、議会の同意を得て、監査委員を罷免することができる。
・監査委員が心身の故障のため職務の遂行に堪えないと認めるとき
・監査委員に職務上の義務違反その他監査委員たるに適しない非行があると認めるとき
上記の場合を除くほか、その意に反して罷免されることがない。』

※「公正不偏」。これを順守していない。ということは「罷免」の対象に!


この記事をはてなブックマークに追加

監査委員 その2

2017年10月11日 | Weblog

「服務」

『監査委員の服務』
「公平不偏」、ということは今回の広報へのコメントで、罷免の対象に。

・監査委員は、その職務を遂行するに当たつては、常に公正不偏の態度を保持して、監査をしなければならない。
(法§198の3①)...
・監査委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。
(法§198の3②)

※ここでいう「公正不偏」ではないことをしている。これが問題。


この記事をはてなブックマークに追加

マツコ

2017年10月11日 | Weblog

「食べ残し」

『マツコ、「インスタ映え」にブチ切れ 「食べ物を粗末に」は「世間が制裁加えるべき」

J-CASTニュース / 2017年10月11日 13時28分

「かわいいインスタやったってお前はブスなんだからな!」――タレントのマツコ・デラックスさん(44)が、昨今の「インスタ映え」ブームを痛烈に批判した。

いったい、なぜこれほどまでに激しい言葉を使ったのか。

スイーツバイキングのマナー違反

発端は、マツコさんがMCをつとめる「マツコの知らない世界」(TBS系)の2017年10月10日放送回だ。

この番組は、ゲストが得意ジャンルや、現在ハマっているものをマツコさんにプレゼンしていくという内容。この日のテーマの1つは「スイーツバイキング」。ゲストは、スイーツバイキングに足繁く通うという桜井正人さんだった。

マツコさんの「暴言」は、コーナーの終盤、桜井さんの問題提起がきっかけだった。

「ケーキを残す人たちのせいで(スイーツバイキングの)価格が上昇しているんです」

桜井さんの言い分はこうだ。バイキングで皿に盛ったケーキをインスタグラム用に撮影し、ケーキは食べずに残す人が最近増えているという。これが理由で、バイキングの料金を改定せざるをえなくなった店もあるというのだ。

マツコさんは、こうした実態に強い憤りを覚えたようで、「そろそろ世間が制裁を加えるべき。このインスタ映えブームに」と警鐘を鳴らす。

さらにヒートアップし、「食べ物を粗末にしたりとかやりだしたら、もうあいつら...ブスにブスって言ってやる時が来ましたよ。かわいいインスタやったってお前はブスなんだから!」
「地に足つけて生きろ、ブスこの野郎」と語気を荒げて非難した。

「私も同感」「拍手喝采だと思う」

一連の主張に対し、ツイッター上では「誰もが思っていることを代表してマツコさんが声にした。拍手喝采だと思う...」
「私も同感した。食い物粗末にすんな!それが許せない」などと共感の声が相次いでいる。

過剰にインスタ映えを狙ったあまり、周囲からひんしゅくを買う事例は枚挙にいとまがない。2017年6月には、「インスタ映え」するとして人気のソフトクリーム店のゴミ箱に、食べ残しが大量に捨てられた画像がツイッターで拡散。複数のネットメディアに取り上げられる騒動となった。』

※怒って当然!


この記事をはてなブックマークに追加

監査委員

2017年10月11日 | Weblog

監査委員事務局の「平成29年度神栖市監査方針」の中の重点項目の1つに「神栖中央公園アリーナ(仮称)整備運営事業の検証(重点項目(3)」というものがあるが、監査委員の1人(全員で2人)が「建設推進」派で、市が発行した広報に「建設推進」と名前入りでコメントをしているのはどうなのかと。
なので、「監査委員」はそういった人でなく、「第三者」であるべきではないかと…

平成29年度神栖市監査方針...

神栖市監査委員
1 基本方針
公正で合理的かつ能率的な市の行政運営確保のため,違法,不正防止のための指摘にとどまらず,市民の視点に立ち,指導に重点を置いた監査等を実施し,もって,市の行政の適法性,効率性及び妥当性の保障を期する。
2 重点項目
(1) 市税等収納率の向上施策の効果確認と予算執行に対する効率的かつ迅速な行財政対応の確認
(2) 横断的行政活動の強化と行政改革及び内部統制の充実により,行政活動が有効に実施されているかの検証と指摘
(3) 神栖中央公園防災アリーナ(仮称)整備運営事業,知手配水場更新事業,公共下水道整備事業等,大型事業に対する効率的・効果的事業推進の検証
(4) 神栖市まち・ひと・しごと創生総合戦略の進捗状況及びPDCAサイクル確立の確認
(5) 少子化,高齢化が進む中での「市民と協働のまちづくり」の効果的推進の進捗状況検証
(6) 例月現金出納検査,定期監査,決算審査の指摘事項の化及び臨機応変な随時監査の実施
(7) 補助金,委託料の適正な予算執行及び効果の確認
(8) 職員の人材育成及び意識改革への支援と指摘
(9) 入札・契約制度の継続的改善と効果の確認


この記事をはてなブックマークに追加

定年後

2017年10月11日 | Weblog

居場所。

こんなコメントが。

町会の役員をして高齢者と接した時に感じたのは、元々1人が好きで群れないことを楽しんでいる人は、温厚だし話も通じるということ。

本当は群れたいけど上手く仲間作りできない人は、人が集まるところにやってきては小競り合いするので、かなり扱いづらい。特に男性に多い。

でも仲間が多くてにぎやかな人達は、自分達が力を持っている意識が強く、無理な要求をしてくることも多くて、これはこれで厄介だった。

※だな!


この記事をはてなブックマークに追加