まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

フリー乗車券

2017年10月10日 | Weblog

迷惑だけが

『東急池上線「1日フリー乗車券」で大混雑! 乗客数、例年の3.7倍に

J-CASTトレンド / 2017年10月10日 19時2分

「1日フリー乗車券」の影響は…?

東急電鉄の池上線が2017年10月9日、1日限定で乗り降り無料となった。2018年に開通90周年を迎える記念のイベント「開通90周年記念イベント 10月9日池上線フリー乗車デー」の一環だ。沿線15駅の改札付近で「1日フリー乗車券」を配布した。

ツイッターなどインターネット上の反応を見ると、沿線の各駅で行列ができるほど混雑したようだが、実際はどうだったのか。J-CASTトレンド編集部は10月10日、東急電鉄の広報担当者に取材した。

1時間あたり14本の臨時ダイヤを組んだ

東急電鉄は2017年10月9日の始発から終電まで、沿線15駅の改札付近で池上線内が1日限りで乗り放題となる「1日フリー乗車券」を配布した。「池上線沿線の魅力を多くの方に知っていただき、訪れていただく」のが目的――。同社の広報担当者は9月7日のJ-CASTトレンドの取材に、そう答えていた。

実際のところ、「フリー乗車券」の影響はどうだったのか。10月10日に改めて取材すると、広報担当者は「フリー乗車券」の配布数は19万枚だったと明らかにした。10日に乗り降りした客の数は56万9000人で、過去3年間の同日平均15万3000人と比べ、371%に増えた。

一部の駅は、改札前に行列が形成される混み具合だった。駅職員は入場規制を敷き、10時から16時まで臨時ダイヤを組むなど、対応に追われた。列車の本数は時間帯によりまちまちだが、12時ごろは1時間あたり14本にのぼったという(いずれも3両編成)。

ふたを開けてみると、「フリー乗車券」を目当てに訪れた乗客は多かったようだ。ツイッターで「東急池上線」と検索しても、

「さすがにどの駅でも乗車客が大量 休日のお昼12時過ぎ、とは到底思えない」
「五反田発の電車は旗の台の段階で『整列乗車にご協力いただいても乗り切れない恐れがあります』とアナウンスされてる(笑)」
「洗足池駅が、混雑!池上線がディズニーランド化してる!」といった驚きの声で溢れ返っており、駅のホームが人で埋め尽くされている光景が、いくつもの写真で確認できる。

東急電鉄の広報担当者は、「認知向上の目標は達成できたと考えている」としていた。

沿線住民からは不満の声も

だが一方、日頃から池上線を利用する沿線の住民からは不満の声も漏れている。

「普段使いの池上線ユーザーが大変だよ。何したいのか、全然わからん!!」
「東急池上線沿線ユーザーですが、本日の1日無料イベントの影響で車内混雑、列車遅延、改札内入場規制と多大に迷惑を被りました」
「10/9の東急の日に東急池上線が無料。知名度アップのために思いきったことするなあと。でも混雑の影響でダイヤが乱れるのは本末転倒な気がする」などのつぶやきが、ツイッターでみられるのだ。

J-CASTトレンドが広報担当者にこうした声への受け止めを問うと、担当者は「混雑とそれに伴う遅延については、把握している。ご迷惑をかけたと思っている」と「おわび」の言葉を述べ、「今後も関係者や地元住民と連携して魅力を発信していきたい」としていた。』

※残るだけ。


この記事をはてなブックマークに追加

mazda

2017年10月10日 | Weblog

すごい!

『マツダが新型コンパクトに世界初のガソリン圧縮着火エンジン搭載で2019年投入

10/10(火) 15:00配信

コンパクトハッチバックコンセプトは新型「アクセラ」か

マツダは、内燃機関の究極のカタチを実現する為、SKYACTIV-Dを市場導入した5年前の2012年から開発を始め、世界で初めて実用化に目処を立てたガソリン圧縮着火制御技術を採用した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」を、次期型アクセラに搭載することが明らかになった。

このSKYACTIV-Xの市場導入時期については2019年とすでにマツダがアナウンスされていることから、搭載車は2019年に登場することになる。

SKYACTIV-Xは、ディーゼルの燃費・トルク・レスポンスの良いところと、ガソリンの出力・暖房性・排気浄化性の良いところを併せ持ち、いいとこ取りをした究極のエンジンと言われている。

特に燃費では、普通に日常使う範囲全体で燃費効率が上がっているので、エコ運転を意識せず、誰がどんな走りをしても燃費は殆ど悪化しないで済むという。

また、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」も採用。シート、シャーシ、ボディ、さらにはタイヤまで、乗員の頭の動きを抑えた上質な乗り心地、EVのような静粛性など全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能も実現している。

さらに、マツダの次世代商品群に採用してきた魂動デザインをさらに深化させた、次世代デザインを採用。

次期型アクセラは、今後導入される次世代商品群の先駆けとして、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルとなる。

新型アクセラのコンセプトモデルが初公開される東京モーターショーでは他にも、次世代デザインの方向性を具現化した「次世代デザインビジョンモデル」、2017年12月に国内で発売予定の新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダ CX-8」、ダークチェリー色の幌やオーバーン(赤褐色)のナッパレザーインテリアを採用した「マツダ ロードスター」の特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」を出展。

また、技術展示物として、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」も出品される。


■マツダ小飼社長のコメント
「本年8月に、クルマの持つ魅力である『走る歓び』によって『地球』『社会』『人』それぞれの課題解決に向けた私たちの新しいチャレンジ『サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030』を発表しました。その中でお約束した本質的なCO2削減を実現するためには、実用環境下でのCO2削減と、各地域における自動車のパワーソースの適性やエネルギー事情、電力の発電構成などを踏まえて、内燃機関や電動化技術を適材適所で展開するマルチソリューションが最適と考えています。今回マツダスタンドでは、世界一を目指した夢のガソリンエンジン『SKYACTIV-X』をはじめ、次世代技術とデザインを搭載したコンセプトモデルなどをご覧いただきます。マツダ新時代の幕開けとも言えるマツダスタンドにご期待下さい」


■第45回東京モーターショーにおけるマツダの出品車両・技術一覧
<参考出品車>
・次世代商品コンセプトモデル[世界初公開]
・次世代デザインビジョンモデル
・マツダ ロードスターRF(手動運転装置付車)

<市販予定車>
・マツダ CX-8
・マツダ デミオ特別仕様車「Noble Crimson(ノーブル・クリムゾン)」
・マツダ ロードスター特別仕様車「RED TOP」
・マツダ ロードスターRF商品改良車

<技術展示>
・次世代ガソリンエンジン SKYACTIV-X』

※突き詰めていくことのすごさがここに!


この記事をはてなブックマークに追加