Matildaのタンゴな日々

アルゼンチンタンゴに魅せられたMatilda の徒然フォト日記

銀座「オートジュエラー・アオキ・モリ」

2016年12月13日 | タンゴの扉


古物商の資格を持っている友人の紹介で、銀座の6丁目の
「オートジュエラー・アオキ・モリ」へ。
象牙に金・銀蒔絵を施し、ダイヤ・エメラルド・サファイアなどをあしらった
心ときめくデザインが特徴です。
まさにアンティーク調の大人のジュエリー。
ペパーミントグリーンの店内に個性的なアキオ・モリ氏のデザインが美しく並び
しばしうっとり。
このお店には本物とレプリカがコーナー別にディスプレイされています。
本物は手がでませんが、レプリカなら手が届く価格。
タンゴドレスにぴったりのレプリカの黒のネックレスを購入。

銀座の街並みはクリスマス・イルミネージョンに彩どられ
歩くだけでもいつもと違ったた高揚感がありました。


     ブルガリビル


     マロニエ通り

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島県川俣「コスキン・エン... | トップ | 築地場外市場めぐりと築地本... »
最近の画像もっと見る