SEA side

静けさの中で波の音だけが永遠に響きつづける。
美しいものとの出会いの記憶・・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 「デス・プルーフ in グラインドハウス」

2007年09月05日 | 映画(タ行)
 サイコキラーの元スタントマンとその標的になる現役スタントウーマンの対決映画。

 スタントウーマン役に本職のスタントウーマンを起用、本来スクリーンに顔をさらさないスタントの本格的演技デビューだ。したがって危険シーンもCG無しの実写ですべてを見せてしまう。

 主人公が登場するのは映画の後半で、それまではヒッチコックの「サイコ」のように、話の主役と思っていた人たちがあっさり死んでしまい、観客は感情の移入先をなくして途方にくれてしまう。
 ただ感情移入したくなる主役と間違うような人物は出てこず、若いお姉ちゃんたちがどうでもいいようなことを延々と喋り捲っている風景がB級テイストというべきか、タランティーノ的というべきか。

 その緩い感じが急に殺気を帯びてトーンが一変するあたりの感覚は見事だ。カート・ラッセルがサイコキラー=中年の元スタントマンを怪演している。
 スピルバーグのデビュー作「激突!」('71)は最後までドライバーの顔がわからないが、こんな人だったのかもしれないと思わせる。

 本作ではその「激突」ではなく、同じ年に公開されたアメリカン・ニューシネマの「バニシング・ポイント」(リチャード・C・サラフィアン監督)がキーになっている。

 ラストはあまりに唐突に終わってしまうのが可笑しいが、相手が悪党だとはいえ、その報復は一種の凄惨なリンチであり、こんなことでスカッとしてはいけないのではないか、とややうしろめたい気持ちになる。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 「オーシャンズ13」 | トップ | 映画 「トランスフォーマー」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
グラインドハウス/ スタントマイク as カート・ラッセル (京都の七条にてアメトイ専門に取り扱っておりますフィギュアショップ ピンクドラゴンです。               今後入荷予...)
ロバート・ロドリゲス×クエンティン・タランティーノのタッグで贈る『グラインドハウス』より、『DEATH PROOF』で殺人鬼として恐れられるマイクがトーキング12インチフィギュアとして登場!演じるカートラッセルの持つ悪